ページ

2016年7月26日火曜日

外構図「路肩」「路側帯」について

外構図面の修正作業をしていて気になったので調べてみました。


昨日に引き続き敷地内の構内道路のお話です。

増築対応した既存の構内道路の図面修正で、道路との取合い部分の表現である人は
「路肩」またある人は「路側帯」といい、図面表記をどうすればよいのか頭の中が
一瞬こんがらがってしまったのです。


これはある道路の写真ですが、どこが路肩、どこが路側帯、はたまた道路の範囲は
どこまでか?歩道の範囲はどこまでか?明確に説明できるでしょうか?



















まず、路肩と路側帯の違いから

これは歩道のある・なしの違いです。


写真の道路の左側には歩道がありません。なのでこの道路の左側は
「路側帯」です。

同じく道路の右側には歩道があります。なのでこの道路の右側は
「路肩」です。

この道路は片側1車線でセンターラインが引いてあります。
道路の外側には白線が伸びています。
この線の名称は「車道外側線」といいます。

道路の巾は、この 車道外側線の内側です。(線自体の巾は含みません)

左側の 路側帯は歩道扱いとなり、歩行者・自転車が通行できます。

右側の 路肩は車道扱いで、自転車も通行可能です。しかし歩道が広い
ので歩行者と共にこの歩道を通行するでしょう 。

以上をまとめると

写真左側から右に向かい、
「路側帯」(車道外側線含む)

「車道」 (車道外側線含まず)
 ↓
「路肩」(車道外側線含む)
 ↓
「歩道」(縁石ブロック含む)

 ということになります。

ちなみに「路側帯」は、道路交通法の用語
 「路肩」は、道路構造令の用語になります。

by MK

1 件のコメント:

  1. Thank you very much for seeing good information.
    Thank you very much for seeing good information.
    Thank you very much for seeing good information.
    Thank you very much for seeing good information.
    Thank you very much for seeing good information.

    返信削除