ページ

2019年11月13日水曜日

屋根勾配に合わせて切断したサンドイッチパネル

先日の記事の続編になります。

http://sherpa-net.blogspot.com/2019/11/blog-post.html

屋根勾配に合わせて切断したサンドイッチパネルの水下側は
鉛直な切断面となり、その切断面寸法は60ミリと書きました。

でも、60ミリの切断面でカットされたパネルの先は
三角の穴が開いているのでは?という疑問が湧きますよね。

確かにパネルだけを見ると、穴が開いています。
が、その裏には下地胴縁があり屋根の下部には
上り胴縁材が屋根勾配に合わせて入ります。
一般的には100ミリ巾の角パイプが使われるので、
パネルのカット部が穴開き状態になることは無いと
考えられます。














でも次に、雨風による漏水の心配は無いのかな?
ってなりますよね。

パネル上端と屋根下取合には鋼板の見切材が穴開き部を
被せるようにして付くので大丈夫。
というメーカー見解でした。

カタログ資料では詳細な記述がない部分になりますので、
よく確認することが必要ですね。

MK

2019年11月12日火曜日

Revit 日照シミュレーション動画作成

Revitの日照シミュレーションの動画作成について紹介します。※LTではできません。

【ビューコントロールバー】から【影オン】を、そして【太陽の設定】を選択します。
(【管理】→【その他の設定】からもできます。)


太陽の設定ビューで【1日】を選択し、位置・日付・時刻等を設定します。

太陽の設定が出来たら【ビューコントロールバー】の【日照シミュレーションをプレビュー】をクリックします。

すると左上にこのような表記が現れるので、

【再生】をクリックすると設定した太陽の動きと影の出来方を確認できます。


プレビューを確認してOKだったら、
【ファイル】→【書き出し】→【イメージ及びアニメーション】→【日照シミュレーション】を選択し、出力設定と保存先等を動画作成の完了です!



実際に作成したモデルの影の動きを確認できるので、ぜひ活用ください!

J.N

2019年11月11日月曜日

外装材サンドイッチパネルの切断寸法

S造の建物でよく使用されている、サンドイッチパネルという外壁材に
ついて調べてみました。

今までは、サンドイッチパネルを横張りして最上部は笠木に取合う
という建物はよくやりましたが、今回は勾配屋根と取合う外壁横張り
という初めてのパターンを経験できました。

メーカーのカタログ(施工資料)を見るとこのようになっているのですが、










パネルのジョイント部分はこのような複雑な断面形状になっています。












果たして屋根勾配に合わせた三角形状に綺麗にパネルを切断する
ことは可能なのか?
疑問に思いメーカーに問い合わせてみました。

その結果は、「三角形に切断はできない」でした 。
実際のパネル形状は「台形」になります。

屋根勾配の水下側は鋭角にはならず、鉛直な切断面となり
その切断面寸法は、問合せたメーカーでは60ミリと設定
しているそうです。

分かっているつもりで知らないことはまだ沢山ありますね。

MK

2019年11月8日金曜日

Revitに点群をリンクする際の配置方法

点群をRevitにリンクさせる際は、挿入タブ→「点群」を選択します。


ウィンドウが出てきて、ここから点群ファイルを選ぶのですが、右下に「配置」という項目があります。ここでは点群をリンクする際にどこに配置するかを選択します。


基本的に点群にはRevitと異なる座標系が使用されているため、座標系を変更していない点群をそのままリンクするとRevitの基準点から極端に離れた位置に点群が配置されることになります。そこでこの「配置」が重要になってきます。


説明は以下の通りです。


・「自動-中心合わせ」…現在のウィンドウの中心に点群が配置されます。
点群とRevitの位置合わせが済んでいない場合、この配置方法を推奨します。


・「自動-基準点合わせ」…Revitの基準点に点群の基準点が配置されます。
点群の基準点とRevitの基準点を予め調整してある場合にこの配置方法を推奨します。
(ただし基準点のみの位置合わせなので向きの調整は必要になる場合があります。)

・「自動-共有座標を指定」…点群の座標をそのままRevitに配置します。
予め点群の座標とRevitの座標が調整されている場合のみ使用できます。


点群を受領した場合、どのような処理をされているか確認すると良いです!!


Hashi

2019年11月7日木曜日

Revit 下絵と一緒にビューを複製する方法

Revitでビューの複製をする際、下絵も一緒に複製したい場合の方法をご紹介します。


プロジェクトブラウザから複製したビューを右クリック→「ビューを複製」→「詳細を含めた複製」で完了です。


複製の種類は三種類あり説明は以下の通りです。


「複製…3D要素を複製する。2D要素(注釈やタグ、下絵など)は複製されない。
「詳細を含めた複製…3D要素、2D要素共に複製される。
「従属として複製…元のビューの従属として複製される。(2D要素の変更も複製したビューに反映される。)


複製する目的によって使い分けましょう。


Hashi

2019年11月6日水曜日

Revit 二重で壁を入力する時のコツ

LGS壁の内側に仕上げ壁を配置する時の簡単な方法を紹介します。


仕上げの壁の配置基準を「外部」にして、連結にチェックを入れてLGSの面をなぞるだけ♪と思いきやLGSの壁に仕上げ壁が包絡してしまい上手くいきません、、、



そこでLGSとぶつからない位置で先に仕上げ壁を包絡させてから、位置合わせで面に合わせるようにしました!



細かいことですが、ストレスなくモデリングが行えるコツとしてご紹介させていただきました!
Hashi

2019年11月5日火曜日

Revit 壁の内側と外側

皆さんは壁のタイプを作成する際に内側と外側を意識していますか?
下の画像のようにRevitは壁を時計回りに描いた時に外側に来る方の面が外側になっています。



例えばSwallなどの非対称耐火壁を作成する際に、耐火ボードをどちらに入力するか統一しておけば配置後に壁タイプを変更しても、内側と外側を反転する手間が省けます!


内装の壁はタイプをたくさん作成することが多いので初めにある程度ルールを作っておくと、
後の修正作業なども楽になるかと思います。


hashi

2019年11月1日金曜日

Bluebeam 重ね図での点の位置合わせ



Bluebeamで重ね図を作成する際に、意匠図では通り芯が図1のような表記が多く、位置合わせが難しくずれやすい。

少しでもずれにくく時短をするために図2の様に、マークアップから線を選択し通り芯から補助線を引く。位置合わせする残り2点も同様に補助線を引く。
この時、線の太さを0.1に設定しておくと点の位置合わせをする際にずれにくくなる。



3の様に最大まで拡大し補助線の交点に位置合わせの十字カーソルを合わせると、ズバリとは言えないが限りなくズレが少くなり、4の様に綺麗に重ね合わせることができる。



T T