ページ

2020年4月6日月曜日

壁の耐火性能と遮音性能

壁の性能種類には耐火・遮音・耐水などあり、各メーカーさんは個別認定や例示仕様で
性能を確保しています。
ここで、設計図に書かれている壁仕様でちょっと勘違いをしてしまいがちな事例をご紹介します。
遮音と耐火を有する性能壁は、遮音壁としての性能と耐火壁としての性能の認定をとっています。例として吉野石膏さんのA-2000・WIを見ると、

吉野石膏㈱HPより抜粋

この壁仕様の認定証では、

 耐火構造としてFP060NP-0198

                         認定書より抜粋

 遮音構造としてSOI-0112

                              認定書より抜粋

と両方の性能の認定があります。

勘違いしがちなことは、建物で遮音のためにこの仕様の壁を使ったとしても、その壁が防火区画になるということではありません。
設計図書の壁凡例では、耐火・遮音として表記同じ壁符号を使われる場合がほとんどかと思いますが、壁単体で要求される性能は異なります。
また、防火区画でなければ設備配管の貫通処理も変わります。

防火区画ラインと遮音区画ラインを混同しがちになってしまいますので注意しましょう。

                                   T.F

2020年4月3日金曜日

防煙区画の建具

防煙区画を構成する『防煙壁』は、令第 126 条 の 2 第 1 項の規定により
①間仕切壁
②天井面から 50 cm 以上下方に突出した垂れ壁
③その他①又は②と同等以上に煙の流動を妨げる効力のあるもの
の3つとなっています。
この防煙壁となる間仕切りに建具がある場合、②に該当する建具の上部から天井までを50㎝確保する必要があります。確保できない場合は、③の1つとして
不燃材の扉で、常時閉鎖式または随時閉鎖式(煙感知器連動)
とすれば上部が300㎜の垂れ壁で良いことになっています。



天井内の設備との調整で天井高さを下げた時などは必ず建具上部の垂れ壁が50㎝以上が
確保されているかを確認しましょう。また随時閉鎖式(煙感知器連動)の扉とした時は
建具のコストがアップしてしまいますので注意が必要です。
                                T.F

2020年4月2日木曜日

非常用Vの乗降ロビー面積の注意点

非常用Vの乗降ロビーの床面積は、
『建築基準法第129条の13の3 非常用の昇降機の設置及び構造』
に、非常用エレベーター1基について10㎡以上とすることとあります。


ここで注意ですが、特別避難階段の附室と兼用する場合は、特別避難階段の
附室として必要な面積を合算しなければならないということです。
15㎡以上(乗降ロビーの必要床面積10㎡/1機と附室の必要床面積おおむね5㎡の合算
が必要となります。

また附室の形状は施行令123条3項11の下記の条文にも適合することが必要です。

『建築物の15階以上の階又は地下3階以下の階に通ずる特別避難階段の15階以上の各階又は地下3階以下の各階における階段室及びこれと屋内とを連絡するバルコニー又は付室の床面積(バルコニーで床面積がないものにあっては、床部分の面積)の合計は、当該階に設ける各居室の床面積に、法別表第1(い)欄(1)項又は(4)項に掲げる用途に供する居室にあっては8/100、その他の居室にあっては3/100を乗じたものの合計以上とすること。』

大は小を兼ねるということではないため、注意しましょう。

2020年4月1日水曜日

小屋組の耐火被覆

床面から4m以上にある小屋組の梁で、「その直下に天井がないもの
又は直下に不燃材料又は準不燃材料で造られた天井があるもの」は
耐火構造にしなくても良いことになっています。



ただし、通常の火災による火熱が1時間加えられた場合のものに限っています。
(建築基準法施工令107条、建設省告示第1399号(平成12年 5月30日))




これは耐火被覆の施工が不要となることに繋がりますので、設計図書を確認して
コスト削減の提案が出来そうですね。
                                   T.F

2020年3月31日火曜日

外壁に接する部分の折り返し

防火区画に接する外壁について2020年3月23日にアップしたブログで

お話をしました。
http://sherpa-net.blogspot.com/2020/03/blog-post_23.html

防火区画には、
・面積区画
・高層区画
・竪穴区画
・異種用途区画
の4つがあることはご存じのとおりですが、
外壁に接する部分の折り返しが適用されるのは
「面積区画」「高層区画」「竪穴区画」の3つです。
















異種用途区画は必要ありません。
また、準耐火構造以上の防火性能を要求される
令114条第2項の「防火上主要な間仕切壁」も
設置の必要がありませんので、覚えておくと良いですね。  
                                T.F

2020年3月30日月曜日

Bluebeam PDFの吹き出しマークを非表示にしたいとき

Bluebeamで色分けとかをすることがあるのですが、
Adobe Acrobat でPDFを開いたときに、
吹き出しマークがたくさん出てしまうこと
ありませんか??



そんなときの対処法を2つご紹介します。


①Bluebeam でフラット化する。


ドキュメント>フラット化
 or ファイル>名前を付けて発行>フラット化済み
を選択します。






「フラット化」をすると

Adobe Acrobat でPDFを開いたときに、PDF吹き出しマークが消えます。




フラット化を解除したい場合は、
Bluebeamで再度開いて、フラット化解除 をします。
 





②Adobe Acrobat の編集>環境設定 を開いて
赤丸のチェックを外す。





以上です。
試してみてください♪


y-ito

2020年3月27日金曜日

符号と寸法の位置

施工図を描く時、符号や寸法の入れる位置は決めているでしょうか?

私は基礎伏図の場合、基礎の寸法が右と下、柱の寸法が左と上

決めています。


理由は、柱寸法の方が躯体などの線と重なる可能性が高いので、

数字が躯体の反対側になるようにして、重なる可能性を低くしたいためです。

また、梁や間仕切壁の場合、寸法が左(下)、符号が右(上)

しています。


理由は、符号が長くなっても寸法に掛からないようにするためです。

一度決めてしまえば、同じことを考えなくて良いので楽ですよ!


sakamoto