ページ

2015年8月4日火曜日

ArchiCAD レンダリングの解像度の目安

ArchiCAD18のCineRender使いレンダリングを行う際は、解像度の設定も行うようにしましょう。

今回はその解像度の設定方法と解像度の目安を紹介します。

「レンダリングの設定」画面を開きます。そして「サイズ」のアイコンをクリックします。

するとレンダリングの画像サイズの設定画面が表示されます。

デフォルトでは「画面」が選ばれていると思います。その部分を「印刷(縦)」または「印刷(横)」を選択し、用紙サイズを指定します。

今回は「印刷(横)」「A3」を選択します。

すると「レンダリングの設定」画面の下部に表示されている「解像度」に数値入力が行えるようになります。単位は「ピクセル/インチ」のままで結構です。

ここで解像度の数値の目安ですが、
「リーフレットなどの商業印刷」の場合は300〜350
「A1〜A2」サイズのポスターの場合は150〜250
「PCなどのモニター画像」の場合は72〜96
となります。

解像度を高くするとレンダリングにかかる時間も長くなるので注意してください。

by85




2015年8月3日月曜日

ArchiCAD ナビゲータープレビューの活用

ArchiCADで作成したモデルをレンダリングする際に視野角や視点の位置を調整する際に便利な機能を紹介します。


3D表示の状態で画面左下にある「ナビゲータープレビュー」のアイコンをクリックします。













すると「ナビゲータープレビュー」の画面が表示されます。

平面表示の状態で視点の位置を変えると視点が水平移動します。

下のスライドを動かすと視野角の調整が行えます。

この他にも「▼」をクリックするとZ方向(高さ)の位置の調整を行う「側面から表示」等に表示を切替えることが可能です。


この方法良いところはリアルタイムにパースの視点の位置や視野角の調整を行うことができることです。


by85



2015年7月31日金曜日

ArchiCAD 3D画面に影を表示する

ArchiCADで作成したモデルに影を表示させたいと思います。

影を表示させる前の3D画面のパースはこのような雰囲気です。
ちょっと暗いイメージです、、

では影を表示させてみます。

メニュー「表示」→「3D表示設定」→「3Dウィンドウの設定」を選択し設定画面を開きます。

エフェクトの「シャドウ」の項目を「なし」から「あり」に変更します。

これで影が表示されます。
日が差して明るい部屋に見えますね。


by85





2015年7月30日木曜日

ArchiCAD サイズ変更を利用して縮尺を合わせる

紙の図面をスキャナー等でPDFに変換した図面をArchiCADに取込むと、縮尺が合いません。
今回は、ArchiCADの「サイズ変更」機能を使って図面の縮尺をできるだけ本来のスケールに近い状態に修正する方法を紹介します。

まずは、ArchiCADに外部参照等でPDFの図面を取込みます。
取込んだ図面を選択し、メニューバーより、「サイズ変更」のアイコンをクリックします。

「サイズ変更」の設定画面より「画面上で定義」にチェックを入れ「OK」で設定画面を閉じます。



平面上で長さの基準となるポイントを2点クリックします。ポイントとなる場所は寸法表記のある部分を指定します。(今回は3600の基準線の端部をクリックします。)

 
2点を選択後に「Tab」キーをクリックし、「座標情報」より「距離」の値を「3600」と入力します。


そうすると、先ほど2点のポイントを選択した間の距離が「3600」に変更されました。
by85  






2015年7月29日水曜日

ArchiCAD スラブが重複すると断面図で表示されなくなる現象について

ArchiCADでモデリングを行う際に注意してほしいことがあります。

その1つがスラブを重ねて入力してしまうというよくある?ミスです。

なぜ注意してほしいのかというとスラブが重なって入力された場合、(モデル表示オプションの設定にもよりますが)断面図で重なって入力したスラブが表示されなくなってしまうという現象が発生します。

その現象をまずは再現してみます。
下図のように部屋の断面を作成します。

スラブを複製コピーし、同じ位置に配置します。
するとスラブが見えなくなってしまいます。






「全て選択」を行ってみます。
スラブが選択されているのでスラブを存在していることが分かります。

床のスラブを1つ選択して削除してみます。

すると、またスラブが表示されました。

このように断面図でスラブが表示されないといったトラブルが発生した場合はスラブが重なって配置されていないかを確認して下さい。

by85

2015年7月28日火曜日

ArchiCAD 図面タイトルを非表示にする方法

レイアウト上に保存したビューを貼り付けるとビューが図面として貼り付けられます。
その際に図面の下部に「図面タイトル」が表示されます。

今回はその図面タイトルを非表示にする方法を紹介します。

レイアウト上に貼付けた図面を選択します。

選択した状態で「Ctrl+T」を押す、または情報ボックスより「設定ダイアログ」を選択し、「選択した図面の設定」画面を開きます。
「▼タイトル」より「標準図面タイトル」「タイトルなし」に変更します。
「OK」を選択し、設定画面を閉じます。

これで図面タイトルが非表示となります。

by85


2015年7月27日月曜日

ArchiCAD 目標を固定し3Dモデルを回転する方法

3Dでモデルを表示し、モデルを回転させた際に思い通りにモデルが動いてくれないといったことが稀にあります。そのような時に簡単に目標を固定してモデルを回転させる方法があります。以前このブログでも紹介した
Archicad 上手に3Dパースを動かす方法
でも紹介した「目標面」を指定する方法等がありますが、今回は別の方法を紹介します。


操作はものすごくシンプルです。

3D画面を表示し、視点の目標とする要素(オブジェクト等)を選択します。


そのままモデルを回転させてみて下さい。

視点が選択された目標物を回転の軸にモデルが回転します。


是非試して下さい。

by85