ページ

2018年6月19日火曜日

【お知らせ】第64回OPEN BIM CAFEの参加者募集!

只今、7月20日(金)に開催する
第64回OPEN BIM cafe参加者を募集しています!



OPEN BIM cafe は、くつろいだ雰囲気でBIMをオープンに語り合える場です。 

ご参加に制限はなく、どなたでもご参加頂けますので、
興味のある方は是非ご参加下さい!

今回の気になる内容はこちらです!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
--------------------------------------------------------------------
【7/20(金)OPEN BIM cafeのご案内(セミナースケジュール)】 

・18:30~19:10(40分) 
 エム・ソフト 宮本 淳生 様 
 「建設現場におけるAR/MRの活用~空間メモアプリのご紹介~」 

・19:10~19:20(10分) 
 ブレイクタイム 
 ※お好きなドリンクをお選び下さい 

・19:20~20:00(40分) 
 シェルパ 朝倉、水上 
 「シェルパのナレッジマネジメント(ライン管理編)」 

・20:00~21:30(90分) 
 パワーディスカッション 
 ※ビジネス力アップのためのパワーディスカッション 
--------------------------------------------------------------------

先着20名ですので、お申し込みはお早めに!!

お申し込みはこちらから
https://kokucheese.com/event/index/521978/


皆様のご参加をお待ちしております!

シェルパ社員一同

2018年6月18日月曜日

BIMソフトを活用した数量算出 その3「型枠」

型枠工事の数量算出もいくつかありました。
コンクリート同様こちらも、少しずつ改善されていった状態です。

1.「ArchiCAD モルフで型枠数量拾い」

 まずはモルフという面をコンクリート面にマジックワウンドで効率的に貼って
 それを算出といった手法!
 部材毎に数量を分けたい場合など良いですね。
http://sherpa-net.blogspot.com/2015/12/archicad_11.html




2.ArchiCAD_工区毎の型枠数量算出

 次は部材単位ではなく工区毎の型枠面が簡単に作成できています。
 http://sherpa-net.blogspot.com/2016/03/archicad_9.html
 



3.ArchiCAD 仕上ツールで型枠数量算出

 最後は1.と2.の良いところを合わせた状態です!
 http://sherpa-net.blogspot.com/2016/08/archicad_22.html




3つの使い方を目的に合わせて使い分けるとよいですね!

A.M

2018年6月15日金曜日

BIMソフトを活用した数量算出 その2「コンクリート」その他

昨日に引き続きコンクリートの数量算出ですが
その他として過去ブログのものを御紹介します。

1.Solibriでモデルの数量確認!(コンクリート数量)

 部材毎、フロア毎、全ての体積など色分けと同時に様々な
 カテゴリで数量を見える化、算出できますね。
http://sherpa-net.blogspot.com/2015/05/solibri.html



2.ArchiCAD 砕石・捨てコンクリート数量を算出

 仕上げツールで捨てコンを一括作成して、数量算出。
 捨てコンまでも算出! 
http://sherpa-net.blogspot.com/2016/09/archicad_15.html




3.JーBIM 積算範囲指定で工区分け

 コンクリート躯体図を目的としたモデル内でコンクリートボリュウムの
 検討ができるのはいいですね。
 http://sherpa-net.blogspot.com/2017/04/jbim.html




A.M

2018年6月14日木曜日

BIMソフトを活用した数量算出 その1「コンクリート」進化系

BIMソフトを使って数量を拾い出す事はBIM活用の効果の1つです。
過去ブログで様々な数量算出についてUPされてきましたが、
いろいろな方法があるものですね。
カテゴリー毎にまとめてみました。
まずは「コンクリート」数量算出の進化が見られます!

1.「ArchiCAD __工区毎のコンクリート数量、打ち継の見える化」

  まずはソリッド編集で2回の減算処理により数量算出と打ち継ぎを
  見える化した状態!
  http://sherpa-net.blogspot.com/2016/07/archicad_14.html



2.「コンクリート躯体をオブジェクト化して数量算出」

 次はソリッド編集の「交差部」を使えるようにし、1回の減算処理で
 コンクリート形状そのもので数量と打ち継ぎを見える化となります。
 だんだん簡単になってきました!
 http://sherpa-net.blogspot.com/2017/07/blog-post_27.html



3.「ArchiCAD コンクリート数量算出の変更管理の為のファイル構成」

  最後はモデルの変更に半自動で追従した数量算出になります。
  数量を管理できる様になりました!
  http://sherpa-net.blogspot.com/2017/07/blog-post_28.html



次回も数量関係続きます!

A.M

2018年6月13日水曜日

ArchiCAD _モデル扱いやすさの改善 その2


昨日に続き、モデルの扱いやすさの改善まとめです!



3D表示が遅くなる原因「包絡」

 鉄骨は包絡しなくてよい部材
 鉄骨などの包絡しなくてよい部材は魔法の包絡番号「0」で解決!





6.埋め込みライブラリから不要なオブジェクトを削除してデータ容量軽減 重複を確認

 ライブラリマネージャーもチェックしよう!
 






7.不要なオブジェクトの整理方法 結合dwg図面に注意
 図面はオブジェクトになってしまうものあり!






8.データー量の削減(参照図面の削除)参照図に注意
 図面マネージャーもチェックしよう!



常にモデルは快適に編集したいですね!


A.M

2018年6月12日火曜日

ArchiCAD _モデル扱いやすさの改善 その1

モデルを作成編集する上で、モデルを扱いやする事は重要です。
過去ブログでUPされたモデルを扱いやすくする手法をまとめてみました。
手法を把握しておく事でモデルの状況に合わせて、
様々な方法でパフォーマンスを維持しながら作業を進めて行こう!


1.ポリゴン数を減らす  ポリゴンカウント確認!
  VIPツールのポリゴンカウントを使ってポリゴン数を意識しましょう!



2.3D表示が遅くなる原因「材質」  小さい画像を使おう!
  材質に使う画像データ容量にも注意が必要






3.キャッシュファイルを削除する PC自身を快適に!
  いつの間にか溜まっています。キャッシュファイル




4.IFCファイルから参照用の軽い鉄骨モデルの作成方法  オブジェクトはリンクしよう!
 何気なく参照している鉄骨や設備モデルの様なオブジェクトが多いモデルは注意




A.M


2018年6月11日月曜日

ARCHICAD 断面図ツールの変更点

ARCHICAD 21から断面図ツールが少し変更になりましたのでご紹介します!

①断面図ビューの表示
断面図の範囲外が薄いグレーで表示されるようになったので、
作業している範囲が分かりやすくなりました!



②断面図ビューで範囲調整
断面図ビューで範囲の境界部を選択することで、平面図ビューに
戻らなくても断面図の範囲を調整できるようになりました!
「もう少し広い範囲で作業したい!」時など手軽に調整できるので
便利だと思います!(調整する距離も数値指定できます!)


是非ご活用下さい!


NF