ページ

2018年7月20日金曜日

ArchiCAD 外構の水勾配!確認方法 2

以前のブログで、

外構仕上げレベルの水勾配を確認する方法


 2014103)

をご紹介していますが、水勾配を確認したくて
実際にこの方法で確認してみました!

水勾配を確認したいメッシュを選択して、
平面画面に表示させ、(メニュー「編集」→「選択を平面に反映」)
メニューの「デザイン」から
「屋根修正」→「メッシュから屋根を作成」を選択します。
メッシュから屋根を作成しました!!

一面一面の勾配を確認できるようになりました☆

しかし、、、

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これだけ面の数が多いと。。。

必要な勾配がとれていない面だけを確認・修正したいのに
一面一面確認では時間がかかってしまいますね。。



そこで!

今回は「表現の上書きルール」を使って、
必要な勾配がとれていない面に3D上で色がつくように
ルールを設定して、確認してみました!



何箇所かは修正が必要みたいですね!

細かな勾配の確認は、メッシュの一つ一つのポイントを
確認するのが確実だとは思いますが、
今回の方法で、必要な水勾配のとれていないエリアをしぼりこみ
細かな確認作業、また水勾配の検討へと進むことができるかと思います!
元のメッシュも、ちゃんと残ったまま屋根が作成されるので、
モデル修正作業は、屋根モデルを横にずらして、参考にしながら
作業するのもよいかもしれません☆
水勾配の確認の際、

*メッシュから屋根を作成

*表現の上書き

これらの組み合わせ、ぜひ使ってみてください☆



YS

2018年7月19日木曜日

ARCHICAD 外装モデル作成の効率化!

外装モデルの作成で少し悩みながら解決できた点が
ありますので2つ、ご紹介したいと思います。

1階のシャッターなど腰壁と外壁にまたがる際に
どっちの壁に開口を入れようか。。。と考えますよね!
作成してみてしっくりきたのが
・外壁にOS,SSを配置
・腰壁に外額縁三方枠を配置
です。


外壁にOS,SSを配置すると腰壁が残ってしまうし、、、
やっぱり2つの開口(建具+三方枠)をそれぞれの
壁に配置するのが見栄え、出来栄えともに
良かったと思います。

もう1つは、パイプツールでのたてどい作成です。

図のように4頂点のパイプツール使って横走り管を
作成しますが、3D上で曲げ角度は自由に動きますが、、、
やっぱり継手材料のとおり2%勾配(1/50)で
作成したいですよね。設置位置のこう配距離ごとに
頂点がとれるよう補助線を引いて準備OKな感じです。

モデル作成のこうすればよかった、、、など気付いた点から
改善できた効率化をお伝えできたら。。。と思います。

T.N

2018年7月18日水曜日

ArchiCAD 梁の色分け設定(表現の上書き)

ArchiCADで梁の色分け図を作成するとき、皆さんはどのように設定をしていますか?
3Dモデルを平行投影で真上から見た状態で3Dドキュメントにしてレイアウトに貼り付け、
表現の上書きを使用して色をつけます。その際のルール作成方法の比較です。

 ①塗りつぶしで色を設定する場合
  特色:ペンセットに有る色が使えるので、色の種類が豊富であること。
     3D表示では、もともとの材質が表示される。

 設定は、塗り潰し種類にチェックを入れ、100%とする。
     塗り潰し前景ペンにチェックを入れ、付けたい色を選択する。 
     材質にはチェックを入れない。 



 

②材質で色を設定する場合
  特色:3D表示でも同じ色が表示される。
     色の種類は材質が表示されるので、表示したい色の数によっては
     材質を新たに作らなければならない。
  設定は、材質以外にはチェックを入れず、材質で表示したい色を選択する。
    


作成方法をいろいろと試してみてくださいね。
                                     T.F

2018年7月17日火曜日

外部足場(手すり先行工法)を見学

外部足場の検討モデルを作成しています。

公共建築工事標準仕様書_2章 仮設工事にあるとおり
「手すり先行工法等に関するガイドライン」の
先行手すりが設置できる、くさび緊結式足場の計画です。

「手すり先行工法等に関するガイドライン」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei26/
手すり先行工法の種類
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei26/dl/09_0003.pdf
出典:厚生労働省ホームページ

「手すり先行工法等に関するガイドライン」を確認し
計画を確認しながら外部足場モデル作成を始めると、
・角コーナーは枠組足場のように正方形がいいのかなぁ
・手すり先行でも巾木は要る?
・階段は、、、
とか、やっぱりいろいろ考えてしまいますよね。

そんな時は、街で見学!




・角コーナーはやっぱり正方形がいいんだね
・手すりがあるから巾木要らないと思ったけど
 周辺状況で養生ネット+巾木が必要かも、、、
・階段も枠組足場と一緒で4スパン基準にしよう
 とかわかること、見えてくることけっこうありますよね。
 けっこう楽しいですよね。。。街で見学!

T.N

2018年7月13日金曜日

点群データを利用したステップの作成

既存建物を3次元測量した時に測量データだけで解体手順などのステップを
作成してみました。

今回作成する解体手順は
①とある広場の休憩所廻りの植栽撤去
②休憩所の解体
という流れで作成してみます。

まずは点群データを『AutodeskReCap』に読み込みます。

パースビューをオフにしてビューキューブで切り取りたい範囲の点群を
選択しやすい画面にします。

窓(矩形選択)、もしくはフェンス(多角形選択)で植栽を選択し、
植栽以外をクリップして非表示にします。

全ての植栽を選択し領域に割り当てましょう。

一度すべてのクリップを解除し、植栽と同様の手順で休憩所のみを表示していきます。

休憩所だけの表示になったら新たに領域を割り当てます。

これで2つの領域に割り当てられた範囲とそのほかの撤去しない範囲の3つに分けることができました。


2018年7月12日木曜日

ARCHICAD 「選択を平面に反映」をツールバーへ

「編集」の「選択を平面に反映」は、モデル作成、編集の際は
何回も使いますよね。



特に、上図のように上下階にある部材を3Dで選択し
複製、位置修正を平面図でするとき便利ですよね。。。
(※ちなみにこの機能はVIPツールです)

以前もブログで「選択を平面に反映」の使い方をご紹介しています。
http://sherpa-net.blogspot.com/2014/01/archicad-3d.html

そこで「選択を平面に反映」ツールバーに出す方法を
ご紹介したいと思います。

オプションの作業環境から
①ツールバー
②選択を平面に反映(2D機能)
③標準ツールバー
④選択内容を追加



で標準ツールバーへ「選択を平面に反映」アイコン
追加できました!


よく、利用するツールをツールーバーに出しておくと
少し作図効率がアップしそうですよね。
是非、お試しを。。。

T.N

2018年7月11日水曜日

ArchiCAD 立面図・断面図でセットバックしている部分の色を変える

ArchiCADの立面図や断面図で、
セットバックしている部分がわかりづらいな~ってときの
設定方法です。

↓ 分かりづらい・・・



まず、断面図を選択し、右クリックで「選択した断面図を設定」を開きます。




「背景範囲を指定」にチェックを入れます。




チェックを入れると、下記の赤枠部分が出現します。



設定をします。
今回は、「統一ペンカラー」を選択します。




設定後、「OK」をすると
断面図の線がもう1本出ます!




範囲を調整します。

背景範囲を指定した部分が、グレーになりました!




水色とオレンジが微妙なので、「非切断要素に統一ペン」にチェックを入れます。




↓ さっきよりいいかも!



上のデータはセットバックがあまりないので、
別に・・な感じですが、セットバックがたくさんあったりすると
この設定は、分かりやすいと思います!



y-ito