ページ

2019年1月21日月曜日

J-BIM バックデータ(下図)の取り込み方法

J-BIMで躯体の配置の際に下図があると便利ですよね。
AutoCADのdwgデータ等、読み込みに対応しているデータが必要ですが、
物件の平面図や伏図に合わせて梁や基礎を配置できると効率も正確性もアップ!

それでは、その方法を確認していきましょう。(設定さえわかれば簡単ですよ)

【コマンド】

[ファイル-ファイル読み込み]で下図にしたいdwgデータ等を選択し、 [レイヤ]の[全てバック]にチェックを入れて配置。



※[全てカレント]にチェックすると線や文字として取り込める
※「ブロックや曲線、モデル空間、線種、文字、寸法値、点」の取り込み方の設定が変えられるものもある

【機能について】

図の位置の調整は[ファイル-バック図面・バックデータ-読み込みバックデータ移動]で行える。



②同上の[バックデータ取り込み]で、下図の線や寸法を選択して、そのまま取り込むこともできる。


③デフォルトの設定だと「バック図面=灰色」となっており、他の色に変えたい際には[設定]で変更可能。

④バックデータの取り込みに対応しているファイルの一覧




ファイルを選択→取り込む際の設定を変える
それだけで他のソフトと同じような下図としての使い方ができるため、J-BIMの入力時に活用してみてください。

その他、参考ブログ~別の階を参照・コピーしたい時に~

J-BIM 別フロアーの下絵を作図フロアーに複写

(2014年11月14日)

T.A

2019年1月18日金曜日

Rhinocerosでメッシュのポリゴン数を減らす



Rhinocerosでメッシュのポリゴン数を減らすことが出来るのはご存知でしょうか。


メッシュのポリゴン数はデータ量に大きく関係してくるので
見た目に支障がない程度まではポリゴン数を減らす必要があります。
方法は下記の通りです!!


コマンドエリアに「ReduceMesh」と入力してEnterキーを押します。




削減したいメッシュを選択すると次のようなウィンドウが出てきます。


削減後のポリゴン数を指定する方法と
削減率を指定する方法がありますが、今回は削減率を50%に設定します。
「OK」を選択して完了です!
※「プレビュー」を選択すると削減したメッシュが確認できます。




削減前のメッシュと削減後のメッシュを比較した画像ですが
メッシュの穴の部分が多少広がったものの見た目ではさほど変化がないように見えます。




更にメッシュを3ds形式でエクスポートするとデータ量は半分以下になっているのが分かります。




今回は小さいデータで試しましたがデータ量が大きいメッシュを扱うときは
必須の作業になりますね!!


Hashi

2019年1月17日木曜日

ArchiCAD _穴の開いた鋼製床を作成 再評価


2018年3月27日掲載「ArchiCAD _穴の開いた鋼製床を作成」 
穴の開いた鋼製床を作成するのに材質のテクスチャを使って穴の開いた表現
を行なったという内容の記事があります。

ブログはこちら↓
https://sherpa-net.blogspot.com/2018/03/archicad_27.html


この記事の通り試したところ、穴の開いた表現ができない現象が起きました。


その原因は、材質に設定するテクスチャのファイル形式にありました。


「.jpg」形式で保存した画像では、穴の開いた表現ができませんでした



「.png」形式で保存しなおした画像を設定すると、穴の開いた表現が可能になりました。





詳しい理由は分かっていませんが、材質のテクスチャに割り当てる画像のファイル形式は「.png」が適しているようです。

Takayuki.H

2019年1月16日水曜日

Rhinocerosで点群からメッシュを作成する方法



Rhinocerosで点群を分割することが出来るのは先日ご紹介しましたが
点群をメッシュ化するツールもあることをご存知でしたか?!

まずコマンドエリアに「MeshFromPoints」と入力して
メッシュ化した点群を選択します。



 
(点の数が多いとフリーズするのであらかじめ点群を分割しておくことをお勧めします。)
「オプションを選択」と出てきますが、特に変更せず「Enter」を押して完了です!!


点群はArchiCADで開けても、BIMxでは閲覧できないため
データ量の小さいものならメッシュ化してArchiCAD⇒BIMxという手段もありますね!!


Hashi

2019年1月15日火曜日

Bluebeam 凡例の作り方~簡単で更新も便利~

図面で色分けたりした際の凡例は、
みなさんどのように作成していますか?

「Excelやcadを利用するけど、作成も更新も手間…」
という方もいらっしゃると聞きました―

そこで、Bluebeamを使って凡例を作成すれば

「色やプロパティ・情報を変える→凡例がすぐに反映できる」

その手法を簡単にご紹介しますね。


1.凡例に表記したい箇所を「マーク・塗りつぶし」→「件名」に名称を入力













2.作成した記号等を選び、右クリック→[Legend]を選択して新しく作成
※Legend=凡例



完成!

色や形状を変えても、凡例が自動的に変わるので便利です!



今回は「件名」の符号名を表記しましたが、

部屋ごとにゾーン・エリアで色分した際に
「面積」を表記したり、

「仕上と下地」の情報も入力しておいて
それぞれ表示することも可能。

ただ、
Bluebeamで色分を作成し、プロパティ情報を持っている
ことが前提なので、ご利用の際には注意してくださいね。

テキスト検索ができない時は…

Bluebeamは
符号の検索⇒一括でマーキングが可能なのですが、

検索できない時は下記も参照してみて下さいね。
Bluebeam テキスト検索ができないとき


T.A

2019年1月11日金曜日

Bluebeam テキスト検索ができないとき

Bluebeamでテキスト検索したときに、
何も反応しない?!
ってなることがありました。。

そんなときは、
1.「ドキュメント」→「OCR」をやってみる



2.「ビジュアル検索」をやってみる



などの方法があると思います。
それで問題なくできた場合はよいのですが、

検索してみると、拾うものもあるけど拾わないものもあったりして、
んーという感じになることがありました。
そんなときに試していただきたい方法をご紹介します。


他の方法もあるかもしれないのですが、
今回は、AutoCADで操作を行います。

まず、
1)文字フォントがTrueTypeフォントになっているか確認し、
なっていない場合は、「ビッグフォントを使用」のチェックを外し、
TrueTypeフォントにします。
(フォントが変わると見た目も変わってしまうのが残念ですが‥)



つぎに、
2)幅係数が1になっているか確認します。
(0.8とかだとテキスト検索で反応しませんでした。
こちらも1にすると見た目が変わってしまうので、場合によって、
フォント高さを変える必要があります‥)



最後に、
3)印刷設定で、「DWG To PDF.pc3」にして印刷します。




印刷後、Bluebeamで開き、
テキスト検索で「SB30」を検索してみると
②ですべて反応しました!





ためしにAutoCADで「Adobe PDF」で印刷後、
Bluebeamで「OCR」をやってみました。



テキスト検索で「SB30」を検索してみると
逆に②が一部反応していませんね!笑

ただ、これについては、もっと部材数が多い図面でやってみると、
①と③の場合でも反応したりしなかったりしました。。




PDFデータに直接マークアップできたりするのがBluebeamの良いところなのに

え!AutoCADで編集!?
ということに関しては、ちょっと微妙だなと思わなくもないのですが、、

どうしてもできない‥

ってときに試してみていただければと思います♪
他に方法があるのかな?


y-ito


2019年1月10日木曜日

Rhinocerosで点群を分割する方法



Rhinocerosでも点群データを開くことが出来ますが、
点群を分割するツールがあるのをご存知でしょうか?


方法は簡単です!


まず、コマンドエリアに「PointCloud」と入力してEnterを押します。






すると下の画像のように「追加」か「削除」が選べるので「削除」を選択します。




次に分割する点群を選択して、
分割する部分を矩形選択で選んでいきます。




選び終わったらEnterを押して終了です。




点群処理ソフトがなくても
点群の不要な点などを削除できるので便利ですね!!




Hashi