ページ

2019年9月20日金曜日

Revit ペイントが割り当てられた要素の集計

ペイントは簡単にマテリアルを上書きできる反面、どの面にペイントを施したか判別しづらい場合もあります。
そんな時は、集計表でペイントがどの要素に割当たっているか確認することができます。

手順は下記の通りです。

  1. 表示タブの作成にある、「集計」を選択し、ドロップダウンメニューから「部材拾い出し」を選択。


  2. 任意のカテゴリを選んで「OK」を選択。ここでは「壁」を選びます。


  3. フィールドから、下図のパラメーターを選択して「OK」を選択。


  4. 集計表でペイントが割り当たっている要素を選択し、3Dビュー等で確認。


これでペイントが割り当たっているかどうか、一括で集計し確認することができました。

R.O

2019年9月19日木曜日

Revit ペイントを一括で削除

仕上げ検討をペイントで行い、検討後にペイントを削除する方法ですが、
ペイントを削除だと1枚ずつしか削除することができません。

そこで下記手順を踏むことで、ペイントを一括で削除できます


  1. 管理タブのマテリアルからマテリアルブラウザを開き、ペイントを削除したいマテリアルを選択。

  2. 選択したマテリアルを右クリックして、「複製」を選択してマテリアルを複製。

  3. 複製した元となるマテリアルを再度右クリックして、「削除」を選択。

  4. 複製したマテリアルを右クリックして、「名前変更」を選択。

  5. 複製時についた「(1)」をマテリアル名から削除し、「OK」で完了。


これでペイントの一括削除が可能です。





注意としては、他の要素でも削除したマテリアルが割り当てられている場合、マテリアルは<カテゴリ別>に変わっていしまうので、予め検討用のマテリアルを作成してペイントのみに使う運用とするのが良いでしょう

また、ここではマテリアルを複製しましたが、今後使う予定のないマテリアルの場合は、手順の中にある複製に関する作業は不要です。

次の投稿では、どの要素にペイントが割り当てられているか確かめる方法について扱います。

R.O

2019年9月18日水曜日

Revit ペイントの削除

仕上げ検討用にペイント機能を利用する方法を前の投稿で紹介しましたが、検討が終わったら、ペイントを削除する必要があります。

手順は下記の通りになります。


  1. 修正タブのジオメトリの「ペイント」の横にある「▼」をクリック。

  2. 「ペイントを削除」を選択。

  3. ペイントを削除したい面を選択して完了。



これで、元のペイントが割り当たっていない面に戻りました。
次の投稿では、一括でペイントを削除する方法を扱います。

R.O

2019年9月17日火曜日

Revit ペイントで仕上げ検討

壁などの仕上げを検討する際、ひとつの面だけ材質を変えたい場合があります。
そのようなときに使えるのが、「ペイント」です。

使い方は、下記の通りです。

  1. 予め検討用のマテリアルを作成しておく。


  2. 材質を変えたい要素を、3Dビューや立面ビュー等で表示し、修正タブのジオメトリの中にある「ペイント」を選択。


  3. マテリアルブラウザから、割り当てたいマテリアルを選択。


  4. 材質を変えたい面を選択し、マテリアルブラウザの「完了」で終了。




面ごとに材質を変えられるので、ちょっとこの部分だけ材質を変えたいという時にも便利です。


R.O

2019年9月13日金曜日

設備バルコニー床材と外壁の取合い

設備バルコニー(メカニカルバルコニー)では、写真のような
孔あきの鋼製床材を使用する時が多くありますよね。


製品を鉄骨に直に固定支持するため、工事の初期段階で
基本割付計画や固定方法を確認することが良いと思います。
基本割付図、基本納まり図を作成し、設計確認や現場確認を
するとき、特に重要なのが、建物外壁側との取合いと思います。

・外壁とのはなれ寸法
・出入口前のすきま寸法
・出入口とメカバルの落差寸法
を計画し、打合せ確認するのが良いと思いました。

T.N

2019年9月12日木曜日

Bluebeam 測定ツールで色付け.2

本日は前日に引き続き、Bluebeamの【測定ツール】での色を付ける機能について紹介します。

色を付けた箇所の中の部分のみ違う色にしたいときに、
【測定ツール】だとあっという間に出来てしまいます!








まず【測定】の【カットアウト】で塗りつぶしたものをくり抜きます。


そして【測定】の【測定ツール】と【面積】を選択してくり抜いた部分にカーソルを合わせるとくり抜いた部分が青みがかります。
その状態でクリックですると、一瞬で色を付けることが出来ました!
ARCHICADのマジックワンドのように、たったワンクリックで色を付けることが出来るのでとても簡単ですね!


注意点として、一つの面積の中でないと作成されません。



このように二つ以上の面積に囲まれている部分には出来ないのでお気を付けください!

ぜひお試しください!


J.N

2019年9月11日水曜日

Bluebeam 測定ツールで色付け.1

Bluebeamの色を付ける機能といえば【動的塗りつぶし】でじわーっと簡単に色を付けられますが、

【測定ツール】でも色を付けられるので、今回はその方法を紹介します。

まず【測定】の【測定ツール】を選択します。
その時に【長さ】も一緒に選択するを距離を測ることが出来ますが、ここでは【面積】を選択します。

その状態で任意の範囲を囲うと塗りつぶすことが出来ます!
また【設定】の【コンテンツをスナップ】をオンにすると線を認識してくれるので、より正確な色付けをすることが出来ます。



破線で囲まれていると【動的塗りつぶし】ではうまく作成できませんが、【測定ツール】をスナップを効かせてなぞればうまく作成することが出来ます!

【測定ツール】では自由に範囲を選択出来る為、【動的塗りつぶし】では選択できない細かい個所や、破線で囲まれている部分の作成に向いています。


J.N