ページ

2014年12月19日金曜日

【使えるGLOOBE 第10話】 自動配置

まだ、GLOOBEを使い始めたころの失敗談です。

各部屋のスペースを配置して次に、壁や建具を入力。
 
続いて、仕上仕様の設定後、自動配置-っ!

 
これで、部屋の形があらかた作成できました。
 
その後、天井段差などの修正を加えて保存。で作業1日目終了!
 
 
次の日、引き続き作業を進めていた時です。
 
えーっ!昨日、入力した天井段差が無い?

 
ーして?
 
昨日の保存の仕方が悪かったの?
 
理由が分からないまま仕方なく、再度、天井段差を作って保存して2日目終了。
 
そして3日目も作業途中で確認したら天井段差がまた無---い???
 
 
だれか上書きした?
 
それとも呪われてる?
 
でも、PJの中でGLOOBE使ってるの俺だけだし、それはあり得んなー。
 
となると、これはもうソフトのバグしかないっ!

と言うわけで、いつもお世話になっている福井コンピュータのサポートに相談。
 
とても親切丁寧に、ご指導をいただいた結果・・・

な、な、なんと、自動配置の後に編集したオブジェクトは仕上自動の機能を
 
外しておかないと・・・
 
 
次に自動配置した際に元に戻ってしまうんだぁ-----。
 
当たり前と言えば、あまりにも当たり前なことに気付かなかった。(^^;;

 

これまでを振り返ると、半年ほど前にGLOOBEをゼロから始めて、今は何とか

平面詳細図の作図位は無理なく、できるようになりました。

ここに、至るまでに福井コンピュータのサポートの皆さま、特に、

GLOOBEのスペシャリストのYさまには大変、お世話になりました
 
いまだに自動配置をクリックする時だけは、妙に緊張してしまいますが、今後も

BIMのツールとして活用したいと思います。

 
 
全10話に及んだ「使えるGLOOBE」でしたが少しでもGLOOBEユーザーの皆さんの

プラスになったら、うれしいです。(^^)/~~~

KN

2014年12月18日木曜日

【使えるGLOOBE 第9話】 クローゼット内の仕上

クローゼット内の棚とハンガーパイプは、標準のAM部品では

手頃なものが無かったので汎用オブジェクトで作ってみました。
 
 
作り方は、いたって簡単!
 
汎用オブジェクト作成(床壁)→ブロック→棚状体
 
 
で、外枠のチェックを外して棚だけにします。
 
 
出来上がりは、こんな感じです。
 
 
続いて、棚の下のハンガーパイプの作成は
 
汎用オブジェクト作成(床壁)→ブロック→状体
 

厚さ20ミリで奥行20ミリの細長ーい棚を配置します□□□
 
 
出来た-
 
 
データは20×20角の棚だけど3Dでみれば何となくハンガーパイプ
 
見えますよねっ(^^)v
 
KN

2014年12月17日水曜日

【使えるGLOOBE 第8話】 天井段差

折り上げ天井や段差のある天井を作成する時は

仕上合せ機能を使うと便利ですよね。

 
天井の領域を分割して仕上合せで鉛直部分を作成すれば、
 
あっという間に出来ちゃいます。
 
 
も、この機能、元の1枚の天井から作ったものでないと
 
仕上合せが出来無いんですねー
 
要するに別々に作った天井同士だと鉛直部分の仕上合せは

出来ないんです。って、知ってました?
 
じつは、わたしは最近、知りました。

 
 
それと、この機能で最近、使っているテクニックを紹介します。
 
カーテンボックスがクロス巻き込み仕様の場合ですが

これまでは、木製カーテンボックスのテクスチャを変えて配置していましたが、

これも仕上合せ機能で作成しちゃいます。


簡単だし、作業時間も断然、こっちの方が早いです!

KN

2014年12月16日火曜日

【使えるGLOOBE 第7話】 三方枠

これまで、三方枠は建物設計の中にある化粧材を使って入力して

いましたが、実はちゃーんと専用の部材があったんですね。

 
出来れば、もっと早く知りたかった・・・
 
というのも、少し、分かりづらいとこに、あるんですよね-。
 
 
いつも使う種類ごとの建具のリストではなく、(計画)→開口(3方枠)
 
あったんですね-。

 
いうことで、やっぱり、GLOOBEは奥が深い...(^^)v
 

KN

2014年12月15日月曜日

【使えるGLOOBE 第6話】 内観パース

GLOOBE内観パース2つ、作成してみました。

上のパースは上の方から、部屋を単純に見下ろしただけです。
 
のパースは部屋の床から1mくらいの高さで切断して見下ろしたものです。
 
どちらが見易いでしょうか。
 
 
 
 
内観パースとしてはやはり、下の例の方が分かり易いですよね

内観パースは「部屋全体の様子が分かる」が主な目的で

から見え方は大切なポイントです。
 

GLOOBEでは内観ビュー任意の高さで切断する機能

あります。
 

操作は透視投影→クリップ面編集です。
 
 

それと、この機能を使う際のポイントを一つ、お伝えしますね。
 
 
このポイントを押さえておかないと家具の上だけ切断されない

おかしなパースになってしまいます。



 
設定は作図表現→部材表現→3Dビュー他→「切断線上の部品類をカットする」

チェックを入れるだけです。

KN

2014年12月12日金曜日

【使えるGLOOBE 第5話】 フローリングの貼り方向

GLOOBE自動配置機能って、ほんと便利ですよね。

では早速、自動配置をクリック。


 









じゃーん。一気に出来上がり-っ!
 
 
ん-?。フローリングの貼り方向LDとキッチンとで違う。

でも、こんな時も、あわてちゃ、だめ、だめ・・・(^^;;
 


CAD編集→ハッチ編集→回転→角度→90度回転!!!
 

はい、バッチリです。(^^)v

KN

2014年12月11日木曜日

【使えるGLOOBE 第4話】 色分け図

GLOOBE画面の表示状態は、使う場面によって、目的に合った

設定に切り替えることが可能です。

 
仕上げの部位や種別によって画面を切り替えることができるので

視覚的に区別をして分かり易くしたり、間違いを防いだり

するのに使えます

試しに内外装という表示状態の時に内壁仕上を強調表示するよう
 
設定してみました。
 
 
そうすると間仕切り壁が赤の太線で表示変更されました。
 

 
こうした使い方をすることで部材の種別ごとの色分け図を作成する

ことも出来そうですね。
 
KN