ページ

2014年9月3日水曜日

型枠工事の管理

 型枠工事の管理といえば、断面寸法は図面通りか、支保工の配置は良いか等の管理項目がありますが、今回はその他の部分にについて、施工時(前)に必要な管理項目を3点挙げます。

・生コンの充填確認対策は行われているか

 コンクリートを上部から流し込む際、その下部に水平に埋め込むもの(配管、開口等)がある場合、埋め込むものの下部にコンクリート充填されているか確認する必要があります。下の写真は止水版が躯体に水平に入っており、上部から生コンを流し込んだ場合に止水版の直下に生コンが充填されない現象が考えられます(型枠があるため充填確認ができない)。


 そのような事を防止するため、止水版の直下部分に孔を開け、打設を行った際、コンクリートが流れ出る=充填されているとなりコンクリート不充填を防止できます。

・コンパネの小口がどの部分に接するか

 下図の様な入隅部仕上げの躯体があったとします。現在左側が吹付、右側が打ち放し仕上げとなっていますが、これが反対(左側:打ち放し仕上げ、右側:吹付)となった場合、型枠の加工(コンパネの配置の仕方)が違ってきます。
 これはコンパネの小口がどこに当たるかという事に関連します。打ち放し仕上げ部分にコンパネをあてると、コンパネの小口部分の状態が打ち放しの仕上げになってしまいます。吹付け部分に小口部分を持ってくるよう型枠加工を行う必要があります。

上図の際のコンパネの小口方向


コンクリートの吹き出し対策がなされているか

 横に長い開口等ある場合、開口の下端部分(腰壁部分)は型枠を塞がない場合があります(開口下端にバイブレーターをかけるため)。この様な場合、開口の下端部分(開口の隅部)に吹き出し防止処置を行わないと、生コン打設時に開口下端部分より生コンが型枠より吹き出し、生コンの損失及び打設時間の遅延がおこります。この様な事を防止するためにも、開口下端についてある程度型枠で塞ぐ等の吹き出し防止処置が必要です。

型枠工事については、構造的、強度的な管理に目が行きがちですが、この様な仕上がり、打設に関した管理も必要です。

T.S

2014年9月2日火曜日

ボンドブレーカーについて

 シールを施工する場合、3面接着を防止するためにボンドブレーカーを使用しますが、ボンドブレーカーの種類について標準仕様書には「紙、布、プラスチックフフィルム等」とあります。

 この中で「紙」というのは通常、紙テープ(マスキングテープ)を使用するのですが、紙テープを貼った後にプライマーを塗った際に紙テープが破れれないのか、溶けないのかという疑問が湧いたので実際に施工している紙テープを調べたところ、その紙テープには「シーリング用」という表記がありました。
(シール以外に使っている紙テープを調べてみたところほぼ(というか全部)シーリング用と記載されており市販されている紙テープ(マスキングテープ)はこのタイプのものの様です。)

 で、この紙テープ何が違うかというとテープの表面に特殊な加工がされてあり、プライマーを塗布しても溶けない、破れない様になっています。

 シーリングは防水、止水の為の重要な部分です。この様な小さな部分についても確認していく必要があります。



T.S

2014年9月1日月曜日

「仮設水道」で注意する事



工事現場に欠かせないインフラ設備は多々ありますが、今回は「仮設水道を使用する際の注意点」を考えてみたいと思います。

 外部で仮設水道を設置する場合、通常仮設水道は架空又は地這いで配管されており、外気温が直接仮設水道(配管)に影響し、水温に影響します。この水温の上下を勘案せず工事を行った場合、品質や工程に影響します。以下「品質」「工程」にて考えてみます。


 先ず品質について考えてみます。水温が高温になった場合(この時期はお風呂ぐらいの温度になります。)、使用する材料(グラウトやモルタル等)をその水で攪拌した場合、その材料が規定している最大温度を超えてしまう場合があります。
例えばグラウト材ですが、一般的な攪拌後のグラウトの温度は10℃~30℃と規定されています。つまり水温自体は30℃を下回っておかなければ、要求している品質の材料にはならないのです。
また、逆に水温が10℃以下であれば、10℃以上の材料温度を確保する事が困難になります。

 次に工程についてですが、外気温が氷点下近くになった場合、水道配管が露出していると水道管が冷やされ水道管内部の水が凍結してしまいます。つまりは水が使えない状態になるのです。
例えばコンクリート打設を朝から打設しないと間に合わない場所で水が使えない場合、コンクリート打設は水が使える様になる(日が昇り水が溶けだす)まで打設不可能となります。(型枠内の水湿作業や鉄筋清掃等の段取りが不可能なため)つまりは工程に影響(この場合は翌日に延期が必要になるので)してくるのです。

この様な事を防止するためにも、夏は水を貯水し直射日光の当たらない部分に保管したり水温が下がるまで仮設水道から水を出し続ける冬は水道管の保温や凍結防止の為に夜中に少量の水を(水道)より出す等の処置が必要になります。


他にも管が破裂しない様注意することが必要です



T.S

2014年8月29日金曜日

Google Chromeのブックマークを共有

ルーティーンワークの中でよく使用するサイトを「ブックマーク(お気に入り)」に追加しますが、業務条件によっては、固定されたデスクのパソコンで業務を行うとは限らない場合があります。


そうなると、せっかく「ブックマーク」したサイトを、移動するたびに探さなくてはならず、業務効率が良くありません。

そこで、Google Chromeのブックマークを使用することにしました。




① GoogleのIDを取得 

② Google Chromeを起動するときにログイン

③ 「設定」→「同期の詳細設定」

④ 「ブックマーク」にチェックを入れる






これで、どんな環境でも「ブックマーク」が使えるので、効率的ですね。







                H.Yamada        

2014年8月28日木曜日

ArchiCAD カーテンウォールツールの活用方法(モルフの面に配置)

以下のようなモルフで検討した建物のモデルにカーテンウォールを配置する方法を紹介する。


カーテンウォールツールを選択し、情報ボックスよりカーテンウォールの入力方法を選択する。





(1)図形作成法を「境界」を選択する ※1





(2)面入力方法を「垂直」を選択する ※2











カーテンウォールを配置する面内で異なる2箇所をクリックする(※ダブルクリックではない)











「spaceキー」をおしながらもう一度クリック(マジックワンド)すると面にカーテンウォールを配置することができる。





                        85

2014年8月27日水曜日

鉄骨階段のささら巾木の高さ

鉄骨階段のささら巾木高さは何mmがよいでしょうか。




今回の設計図では、水平部分斜め部分ともに30mmでした。

実際のところ、設計図では30mm~60mm程度でいろいろです。

鉄骨階段のささら巾木の高さについて、いつも設計確認し提案しています。

水平部分ソフト巾木の高さに合わせて今回は60mm斜め部分の高さは40mmです。











水平部分のささら巾木では、どこかでソフト巾木と取合ったり、防火戸枠をはさんで、鉄骨ささら巾木と廊下のソフト巾木が隣り合って見えたりするので、同じ高さでそろえるとよいと思い
ます。

斜め部分のささら巾木高さ40mmは、仮設手摺を設置してもモルタル面(踏面)と干渉しない寸法になります。

30mmにすると、埋まってしまうので覚えておくとよいと思います。


T.N

2014年8月26日火曜日

ArchiCAD 建具ラベルで建具表に情報を出す

 建具要素自分が配置されている壁の情報を読むことができます。

しかし、デフォルトの建具要素にその情報を入れておくパラメータがありません

そこでラベルを使ってみました。

ラベルも連動されている要素の情報を読むことができます。

建具部品の数は多くあるので編集が大変ですが、ラベルだと一つだけで済みます。

また、ラベルはGDLオブジェクトなので、ラベルの中で計算することもできます。





















同様のやり方で、壁や梁などツールでもできます。

FH