ページ

2017年6月29日木曜日

Outlook_メール本文に画像を貼って分かりやすく伝える

メールでのやりとりでよく添付資料やリンクとしてデータをもらうことがあると思いますが、ついつい確認するのを後回しにしてしまうことはありませんか?

今回は意外に知っている人が少なかったメール本文直接画像を貼って分かりやすくする方法をご紹介します。

 
方法は単に相手に見て欲しい画像もしくはキャプチャをコピー(Ctrl+C)し、メール本文中に貼り付ける(Ctrl+V)だけです。一度貼り付けてからは、画像のサイズ変更トリムもメール作成画面でできるのでぜひお試し下さい!
 
PointHTML形式になっていることを確認下さい、テキスト形式だと貼り付けできません。


 

人に何かを決めてもらうとき、文章で説明するより絵で説明した方が早いときなど、ひと手間かけてメール本文に直接貼るとぱっと目に入ります。特に相手が一日何百通もメールを受信するような人だとなおさらですね。
 
本文に画像を貼っていれば、メールの内容に直接関係ない人(CC, BCC)にも自分が今何をしているか目に付くのでおすすめですよ。

なお、データを保存したい場合もあるので、メールに画像を貼り付けつつ、実際のデータも添付しておくと親切ですね。


TM

2017年6月28日水曜日

ArchiCAD 様々な曲面カーテンウォールの作成方法②




前回は、カーテンウォールツールで様々な曲面を作成しました。

【ArchiCAD 様々な曲面のカーテンウォールの作成方法①】

「カーテンウォールの分割」で曲面を作成しましたが、数が多いとちょっと手間がかかりますね。。

そこで今回は、Grasshopper Live Connectionで作成してみましたので紹介いたします。

2017年6月27日火曜日

ArchiCAD 様々な曲面カーテンウォールの作成方法①




以前、カーテンウォール(以下CW)ツールで曲面を均等割りする方法を紹介しました。


【ArchiCAD 曲面のカーテンウォールの均等割り】


この時できた曲面は、あくまでZ方向が直線となっていましたが、

今回は、Z方向も曲がっている曲面を作成する方法を紹介します。


2017年6月26日月曜日

BIMx サムネイルとギャラリーをカスタマイズ




プレゼンなどでBIMxをiPadで見せる際、一番最初に目に入ってくるのは、BIMxモデルのサムネイル画像です。

この画像がいわばBIMxモデルの顔となるわけですから、それを念頭にBIMxモデルを作成したいところですね。

また、見せたいポイントを予めギャラリーに登録する際にも注意が必要です。

今回は、モバイル端末用のBIMx作成時に覚えておくと良いTipsを紹介いたします。




2017年6月23日金曜日

『建築を考える』・・・歩道に面したガラリ


かれこれ3年ほど、通勤経路になっている新宿のハイアットリージェンシーの外観です。
 


歩道橋の階段を下りると、頭のすぐ上の辺りにガラリが設置されています。
昼夜問わず、排気されており、ここを通るひとは必ず、頭から排気を浴びることに
なっています。(笑)

用途は駐車場、厨房、事務所の3つのうちのどれかでしょうか。

設置位置の検討がもっと出来なかったのかと悔やまれます。

確かに正面玄関に対して真裏になるのでホテルにとって裏口ですが隣には都庁もあり、
一日に通行する人は相当な数に上ると思います。

そして、もうひとつ気になるのが4階のガラリです。これも排気ガラリですが一日中、
かなり音量の風切り音(騒音)が響いています。

これは、ガラリの面風速が高過ぎることが原因です。

一般的な建築の工事区分は、ガラリは「建築」そこに接続するダクトは「設備」となります。

それぞれの専門分野を総合的に計画することが大切ですね。

KN

2017年6月22日木曜日

ArchiCAD 3D画面でありがちな現象

ArchiCADの3D画面でホイールマウスによる拡大縮小を
する場面で思うようにズーム操作が出来なかったことって
ないでしょうか。 (あるある~\(^o^)/)

例えば断面図に鉄骨の鋼材をモルフツールで書いて、それを
3D画面でプッシュプルをして立体化しようとする場合、



















分かりづらいですが、上の円の中にC形鋼のペラペラモルフが
あります(汗)

プッシュプルをするためにはこのC形鋼に接近してズームアップ
しなければなりませんよね。


















このくらいまでは難なく近づけるのですが、ここからマウスポインタを
このあたりにしてホイールをアップすると、


















マウスポインタの位置が赤い印の所だと思って下さいね。
ホイールを1目盛りアップします。


















 おっとー!!って、

 何が起きたか分からないと思いますが(汗)
ペラペラモルフが画面から消えてしまいました!

ズームの拡大率が大き過ぎたようです。


















今度はマウスポインタの位置をペラペラモルフに触るようにして
ホイールをゆっくり回してアップします。

















するとどうでしょう!

ちゃんとイイ感じにズームアップが出来ました。

この状態にできればプッシュプルも可能ではないでしょうか。

















ほら~っ!出来ましたね(笑)

つまり繊細にズームアップ、ズームダウンしたい場合のコツは
ターゲットとなる物にマウスポインタを接しながら、かつゆっくりと
ホイールを回す。
ということでした!

by MK

2017年6月21日水曜日

ArchiCAD _モデル作成の進捗管理

モデル作成時の日毎の進捗を管理しよう!

1日にどれぐらいの部材を入力したのか、進捗が簡単に確認できればな。。。
そんな事を簡単に解決する手法を紹介いたします!

POINT

 ・日毎のモデリング状況を色分けで見える化できる


 ・モデリングする事で入力した日と部材数を自動的に算出する事ができる


■手順

[オプション]-[プロパティーマネージャー]ですべての要素に作業日が選択可能なプロパティーを追加。
  ※注意※デフォルト値は「完了済」など作業日以外の項目を設定


プロパティー追加


 ②表現の上書きセットを作成。「進捗管理
  ⇒選んだ作業日で要素が青色になるように設定。


上書きセット準備


③表現の上書きセットを「進捗管理」とし、モデル要素を配置する際、要素のプロパティーを
 作業日「619日」にしておく事で、その日にモデリングした要素の色が青色になり、
 進捗が見える化される。

要素を作業日の情報で配置


④その日の作業後[検索と選択で]要素プロパティー「619」で検索し、選択する事でその日入力した数量もわかる。

作業日の数量管理


⑤次の日作業を進めるときは[表現の上書きルール]のプロパティーを「620日」に変更し、③の要領で作業を行う。


作業日変更



A.M