ページ

2018年12月11日火曜日

ARCHICAD BIMxの発行(カメラ+3D切断)

以前、ARCHICADからBIMxを発行する時に複数視点ある場合、カメラ配置から
発行すると「出力時間が早い」、「容量が軽い」、「ギャラリーに視点登録される
といったメリットがある内容をご紹介させて頂きました!


今回は、「カメラ配置からの出力」と「3D切断」組み合わせた方法をご紹介します!

カメラを配置
 登録する視点にカメラを配置して登録します。



3D切断範囲をビュー保存
 表示したい範囲を「3D切断」で表示して「ビュー保存」します。



カメラをビュー保存
 ②で3D切断したビューの状態で「オーガナイザ」から①で配置した
 「カメラ」を「ビュー保存」します。



発行セットに登録
 ③で保存したビューを「発行セット」に登録して完了。



ポイントは、②と③の手順です!
「3D切断」していない状態で「カメラ」を「ビュー保存」してから、
「3D切断」をして「現在のウィンドウ設定で再定義」をしたの手順の場合、
BIMx発行時に「失敗」してしまい発行できないので注意が必要です。



ちなみに③で「ビュー保存」したカメラの名前は変更できるので
部屋名などにしておくと管理がしやすいです!



BIM総合図など範囲が限定されている場合に有効だと思います!
是非、ご活用ください!


NF

2018年12月10日月曜日

ARCHICAD _Rのついた壁に斜めに取り付ける見切り


Rのついた壁に見切りを取り付けるのですが、更に斜めに取り付けなければなりませんでした。
3つのツールを使ってベターな方法を検討してみました。


POINT 
R部に取り付けた状態についてもなるべくなだらかな状態で表現したい。

見切り形状は断面形状で作成

見切り形状


まずは「梁ツール」で行ってみました。



平面的にはきれいなR形状ができたが、高さ方向へ斜めに編集する事ができない。残念。。。



次は「パイプツール」


配置はできたが、配置時、R部を編集する為のペットパレットを使った操作性が悪く、
表現も滑らかではないですね。。。


最後に「手摺ツール」
こちらはトップレールのみを表示する形で作成しました。




斜めに配置されたR部の曲線、表現も滑らかで、ペットパレットを使った形状の編集も
操作性が良いですね!

手摺ツールには断面形状を取り入れる事ができる為、他にも手摺に限らす応用が利きそう!


A.M

2018年12月7日金曜日

WebブラウザでBIMxモデルを閲覧

BIMxがブラウザで見られるようになったのは皆さんご存知ですか?
今回はBIMxのWebブラウザ版を簡単に紹介いたします。

BIMxのWebブラウザ版は、こちらからアクセスすることができます。
以下画面キャプチャと合わせて機能をみていきましょう。

ページにアクセスすると、このようなトップ画面になっています。


下の方にスクロールするとサンプルモデルが選べるので、
一つ選んで見てみましょう。

BIMxといえばこのモデルですね!
再生ボタンをクリックすると、モデルのロードが始まります。



ロードが終わるとこの様に表示されます。

インターフェースはアプリで閲覧したときと同じデザインですね。
では、3Dモデルを開いてみましょう。


現状ではややロードに時間がかかりますが、
3Dビューが表示されるとこの様になります。

左上にメニュー、上部にビューの名前とプロジェクト情報、下部に操作用のツールというインターフェースになっています。


移動はキーボードのAWDS、方向は矢印キーで変えられます。
また、モデルを右クリックすると、いつものメニューバーが表示されます。



また、図面の閲覧も可能になっています。



アプリ版のように断面を切ったり、図面と3Dモデルをリンクする機能は今の所ありませんが、アプリをインストールせずにモデルを閲覧できるのはとても便利ですね♪

最近はWebブラウザで3Dモデルを見られるサービスが増えていますね。
ぜひ一度モデルを閲覧してみてください。


R.O

2018年12月6日木曜日

Grasshopper ArchiCAD22 Live Connection CW

ArchiCAD22の新しいカーテンウォールの登場に伴い、GrasshopperとのLive Connectionのコンポーネントも新しくなりました。そこで今回は、Grasshopperで作成した形状をArchiCADのカーテンウォールに反映させる方法を紹介します。

Grasshopperで以下のような形状をサンプルとして作成します。



必要な形状データは、境界の形状と、境界を分割する線、パネルの中心点、CWの外側を判定する点の4種類なので、それぞれ用意します。


ここでLiveConnectionのコンポーネント「Curtain Wall Boundary Custom」を置き、用意した形状をそれぞれ繋ぎます。


その際コンポーネントを右クリックして「Check Panel Region」のチェックを外してください。


次にCWの設定に関するコンポーネントをつなぎます。
フレームの設定は「CW Frame Setting」コンポーネントで、パネルの設定は「CW Panel Setting」コンポーネントで行い、それぞれつなぎます。


あとは、Settingを各フレームやパネルに反映させるため、Frame ClassとPanel Classにフレームとパネルの数だけ設定の番号を入力します。



この番号は各Settingに入力を行うと自動で追加され、Frame ClassやPanelClassにマウスを置くとどの番号が割り当てられたか確認できます。
ここではパネルを3種類用意したので、1~3のランダムな数値を入力しています。


これで準備は完了です。
ArchiCADとシンクするとこのようにカーテンウォールができました!!


このLiveConnectionによってより簡単に様々な表現のカーテンウォールが作れるようになったので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


R.O

2018年12月5日水曜日

ArchiCAD22 立体視用のレンダリング

以前ArchiCAD22の新機能のひとつ、CineRenderで全天球画像を出力する方法について紹介しました。

これをVRゴーグル等でのぞいてみると、360度ビューでモデルを閲覧することができます。

しかし実はこのままではモデルは立体的に見ることはできません。

モデルを立体視するためは、レンダリング設定の「ステレオレンダリングを使用」にチェックを入れる必要があります。

また、「ステレオレンダリングオプション」の「ステレオ3D画像を計算」の設定を「単一チャンネル」に変更します。

これでレンダリングを行うと、この様に上下に分かれた全天球画像が作成できます。



これをVR機器で見てみると、よく見ると左右で微妙にカメラの位置が変わっています。
この位置の違いが生む視差によって立体に見えるようですね。


立体になるとよりリアリティが増しますね♪
最近VR利用も増えているようなので、試してみてはいかがでしょうか。


R.O

2018年12月4日火曜日

ArchiCAD22 フライスルー作成のインターフェース


以前ArchiCADでフライスルー動画を作成する際の、動画の再生時間について記事を投稿しました。
AC21までは、動画の時間を手動で計算する必要がありましたが、AC22から、フライスルー作成のインターフェースに動画の時間が表示されるようになりました。

カメラを置いて、パスの分割フレーム数を設定し、



メニューからフライスルー作成を選択すると、
このように動画の時間が表示されています。


軽微な変更点ですが、欲しい情報が計算しなくても良いのはうれしいですね。

動画作成時に見てみて下さいね♪

R.O

2018年12月3日月曜日

ArchiCAD22 オブジェクトの詳細度

ArchiCAD21以前は、窓やドアの詳細度をモデル表示オプションで切り替えることができましたが、ArchiCAD22では、オブジェクトの詳細度を切り替えるという新機能が備わりました。

では、モデル表示オプションを開いて見てみましょう。

「ライブラリ部品のその他の設定」というメニューを開くと、
このように、平面図と3Dそれぞれ詳細度の設定があります。



試しにオブジェクトを置いて確認してみると、

○平面図
詳細度:詳細

本来の2D表示です。

詳細度:中

椅子が簡略化しましたね。

詳細度:低

机と椅子という関係がわかる程度の詳細度になりました。

○3D
詳細度:詳細

本来の姿です。

詳細度:簡易

若干椅子のポリゴンが荒くなりました。

詳細度:スキーム

もはやオフィスチェアの原型はありません。


このような結果となりました。
元々シンプルな形状だとあまり変化はありませんが、
曲面や、複雑な形状を持つオブジェクトは大きく変化しましたね。

なお詳細度の変化に対応するのはArchiCAD22ライブラリのオブジェクトからなので、
自作のオブジェクトは、詳細度の設定を追加する必要があるようです。

詳細度を切り替えることで、その段階にあった適切なLOD表示や、
重いモデルを表示する際のポリゴン数削減などに重宝しそうですね♪


R.O

2018年11月30日金曜日

Windows10 簡単な動画キャプチャの撮り方

前回は画面キャプチャの簡単な撮り方を紹介しましたが、
BIMモデルを閲覧する際、静止画だけでなくBIMモデルを動かしている様子を動画に撮って
コミュニケーションツールとして利用したい場面もあるかと思います。

ArchiCADやRevitではカメラを置いて動画を作成する方法がありますが、
もっと簡易的に動画を撮りたいときに便利なツールを紹介します。



使うのはWindows10に備わっている機能で、主にPCゲーム用に作られたもののようです。
使い方は前回同様とても簡単です♪

ArchiCADやRevitを開いている状態で、Windowsキー+Gを押すと、

画像元:http://www.sharots.com/sozai/keyboard.html

こんなポップアップがでてきます。


これにチェックをいれると、録画用のツールバーがでてくるので、


あとは録画ボタンを押せば録画開始、停止ボタンを押せば録画が止まり動画が保存されます。

ちなみに、カメラマークをクリックすると、画面キャプチャも撮れます。


保存される形式はwmvファイルで、初期設定ではユーザーのビデオフォルダの中にキャプチャというフォルダが作成され、動画や画面キャプチャが置かれます。



他のソフトを使わずに手軽に利用できるので、試してみてくださいね♪


R.O

2018年11月29日木曜日

Windows10 簡単な画面キャプチャの撮り方

BIMモデルを3Dビューで確認しているとき、気になる箇所の画面キャプチャを撮って
コミュニケーションツールとして利用することはよくあるかと思います。

以前WindowsでSnappingToolという画面キャプチャを撮るツールについて紹介しましたが、
実はWindows10ではウィンドウの範囲を指定してクリップボードに保存する機能が元々備わっています。

使い方はとても簡単♪

キーボードのShift+Windows+Sを押すと

画像元:http://www.sharots.com/sozai/keyboard.html


画面全体が白くなるので、



このまま切り取りたい範囲を矩形選択すると、


もうこれでクリップボードにコピーされました!


あとは、ペイントツールやパワーポイント等に貼り付けて保存すれば、簡単に画像を保存できます。

モデルのキャプチャを撮りたいときなどにとても便利なので使ってみて下さいね♪


R.O

2018年11月28日水曜日

ArchiCAD22 数式作成のポイント③

前回は、数式で計算された結果を確認する方法について紹介しました。
最終回の今回は「順番」についてです。

数式の設定をみてみると、「順番」という項目があります。

初めて見たとき、「いったいこれは何の順番なんだろう」と思いましたが、実は数式を活用する上で重要な機能でした。

では実際にどのように利用するのか、第1回で作成した「壁にある窓の幅の合計」パラメーターを例に紹介したいと思います。


もしこのパラメーターが床にも割り当てられていた場合、前回紹介した「評価」ボタンを押して確認すると、このように表示されます。


ここで数式が無効な場合でも「0mm」と表示させたいときに、この「順番」が役立ちます。

まずは「窓総幅」パラメーターに新たに数式を追加します。
数式エディタで数値の「0」を入力し、



単位を「長さ」から「mm」を選択します。
単位をつけないと、データタイプが「長さ」にならないのでお気を付けください。



数式が作成できると、2つの数式が並んで表示されています。
床の結果をみてみると「窓総幅」のパラメーターが無効なので「0mm」になりました!



ここで順番を変えてしまうと、先に「0mm」の数式が適用されるので床以外もすべて「0mm」になってしまいます。



このように数式が無効だった場合に、指定した順序で数式を適用できるのが「順番」の機能になります。

この機能によってより柔軟にパラメーターを作成できそうですね♪


さて全3回にわたり、数式を利用してパラメーターを作成する際のポイントを紹介しました。数式によってより一層BIMの”I”の部分が強化されましたね。
またArchiCADのリファレンスにも、関数の説明や数式の作成例が載っているので、つまずいたときはチェックしてみてください。


R.O