ページ

2018年1月22日月曜日

AutoCAD [DSETTINGS]キー

AutoCADでアイソメトリック法で作図する時のご紹介
(以下 アイソメトリック法=アイソメと省略)

アイソメ30度で箱を作図しました。

これくらいの単純な形状なら[線分]だけでスナップ30度ONにすれば誰でも作成できます。
しかし、この方法ではRのついた形状を作りたくてもできません。
円[CIRCLE]コマンドや円楕[ELLIPSE]コマンドが平面的にしか働かないからです。

よって今回は、[DSETTINGS]コマンドを使って
アイソメ法で正確にRのついたものを作成してみます。

こんなものを作ります。
が、その前に...
ショートカットキー[DSETTINGS]の機能と設定方法をご紹介。

まず始めに[作図補助設定]ウィンドウを開き、
[アイソメスナップ]を選択しましょう。
※[DS]とタイピングして[Enter]で開きます。

画面上のグリッド・カーソル(赤いライン)が斜め(30度)になりました。
画面右下のアイコンも現れました。

[線分]で線を引いてみると、
[直交モード]ONにも関わらずマウスは330度上に拘束されています。
※[線分]開始基点から右方向は330度、左方向は150度に線が走ります。
つまり、アイソメ30度になっています。
(下図より、作図しながら詳細説明)

まず、5m[5000]の線を引きました。
その後、また線を引こうとすると矢印方向にしか動きません。

このまま線を足しても、矩形はX・Z方向しか作図できません。
なので、[F5]キーを押しましょう。

すると、グリッド・カーソル向きが変わりました。
あとは同じ要領でY方向に線を足していくことができます。

つまり、[F5]キーは循環選択です。
押せばすぐにグリッド・カーソル向きが変わるので楽です。

直線を引く
[F5]キー
直線を引く
を、繰り返しXYZ方向を構成・作図する要領です。
さて、ここまでは[DSETTINGS]コマンドを使った直線の引き方説明でした。

2018年1月19日金曜日

ArchiCAD_手すりのガラスがいらない


ArchiCAD20まではVIPツールで「手すりツール」があります。




連続性のある手摺作成には便利なので使用していましたが、使用できる手すりの種類が少ないのが欠点でした。


その中で、形状として使用したい手すりはあるが、ガラスパネルが入ってしまうタイプで、
ガラスパネルは表示したくないということが多々ありました。



ガラスパネルのみ非表示にできる設定はないので、そんな時はパネル材質に「空気」を割り当ててみました。


ガラスパネルのみ非表示のような表現になります。


ただし、注意点としては、レンダリングすると微妙にパネルが入っているような表現になってしまいます。。


ArchiCAD21からはデフォルトのデザインツールとして「手摺りツール」が新機能で追加されました。




これにより多種多様な手摺形状の作成が可能になったようです。
手摺りツールについては、試行してみて、機会があればご紹介したいと思います。

Takayuki.H

2018年1月18日木曜日

ArchiCAD 表現の上書きの活用-2

例えば、躯体モデルで、
基礎躯体だけ色を違う色にしたいと思って(あまりないかもですが笑)
「表現の上書き」で要素の色を上書きしてみました。



レイヤーを1つずつ選んで条件を作っていくと、
思いのほかレイヤー数が多くて、
条件作るの時間かかるからやっぱりやめておこう!
とか思っちゃったりするのですが、



レイヤーセットを活用すると簡単です!





↑ あ、マンホールの色は青にしたくないんだよな~
ってときは、


マンホールのレイヤーのみ「異なる」にします。



↓ マンホールは元の色になりました!



場合によって、
レイヤーで1個ずつよりレイヤーセットの方が楽なときもあるので、
試してみてください。


y-ito

2018年1月17日水曜日

ArchiCAD21新機能その3「パラメータの選択置換」

ArchiCAD21がリリースされ、新機能がいくつか追加されました。
その中のいくつかを試してみたいと思います。


今回は、パラメータの選択置換について。


要素のパラメータを取得して置換を行う場合、ArchiCAD20まではすべてのパラメータが置換されましたが、
ArchiCAD21からは置換するパラメータを選択できるようになりました。

①メニューの「編集」→「設定変更」→「要素転送設定」を選択します。




②別ウィンドウが開き、ここで置換したいパラメータを選択して、セットを作成できます。
あらかじめデフォルトで7つのセットが作成されています。






③新規で作成したい場合は、新規作成ボタンを選択し、名前をつけて、ウィンドウの右側で、各要素のパラメータにチェックを入れます。
チェックを入れたパラメータのみ置換されることになります。





を例に③で作成したパラメータセットを使って、置換を行ってみます。
作成したセットは、レイヤーとIDが置換されないようにしたものです。

左のコンクリート壁のパラメータを取得し、右の壁に置換してみます。



Ctrl+Altを押したまま、右の壁にカーソルを合わせると、ボックスが表示されるので、選択します。
作成されているセットを選択できるので、使用したいセットを選択します。




パラメータ置換ができました。




では、レイヤーとIDはもとの壁の設定のままか確認してみます。
壁の設定画面を見てみると、



レイヤーとIDは置換されていないことが確認できました!

Takayuki.H

2018年1月16日火曜日

ArchiCAD21新機能その2 「線分ツールの改善」

ArchiCAD21がリリースされ、新機能がいくつか追加されました。
その中のいくつかを試してみたいと思います。





今回は、線分ツールの改善について。





1つ目に試行してみたのは、線分ツール間のパラメータ置換です。
ArchiCAD20までは各線分ツール間でパラメータ置換は行えませんでした。
(※線分ツール:線ツール、ポリラインツール、円/円弧ツール、スプラインツール)





それが、ArchiCAD21では可能になりました。
下図のように、左に「ポリラインツール」で作図した矩形、
真ん中に「線ツール」で作図した線、
右に「円/円弧ツール」で作図した円があります。







ポリラインツール」の矩形は破線の赤ペンで作図されていますので、パラメータ取得し、
線ツール」の線と「円/円弧ツール」の円にパラメータ置換を行ってみます。






まずは「線ツール」の線。





問題なくパラメータ置換ができました。







次に「円/円弧ツール」の円。





これも問題なくパラメータ置換ができました。











2つ目の線分ツールの改善は、「破線処理」について。



ArchiCAD20まではポリラインツールで破線の矩形等を作図すると角が表現されないことがあり、図形としての表現が中途半端になることがありました。





ArchiCAD21ではポリラインツールの設定画面に[破線:分節別]と[破線:連続]という設定が追加され、
作図したポリラインを選択し、[破線:分節別]を設定すると全部の角が表現されるようになりました。








これらは少し地味な新機能ですが、図面化を行う上で2D加筆は必要なので、便利な機能です。



Takayuki.H

2018年1月15日月曜日

ArchiCAD21新機能 その1 「階高の異なるモデルのホットリンク」

ArchiCAD21がリリースされ、新機能がいくつか追加されました。
その中のいくつかを試してみたいと思います。

まずは、ホットリンク機能について。

ArchiCAD20まではフロア設定の階高が異なる別のモデルをホットリンクすると
親ファイル側のフロアレベルに変わり、
ホットリンク側の階高を保持できませんでした



下図のようなAとBの階高の異なるモデルで、AのモデルにBをホットリンク(全てのフロア)してみます。







ArchiCAD20だと下図のようになってしまいます。
(※設定によってホットリンクのされ方は少し変わります)




では、ArchiCAD21でホットリンクしてみると、
まず、「ファイル」→「外部参照」→「ホットリンクを配置」を選択し、設定画面を開くと、
要素の高度」の設定がArchiCAD20までとは変わっていることがわかります。



ArchiCAD20までの設定はこのようになっています。




ホットリンクソースのフロア構造の高度を保持」にチェックを入れて、モジュールを選択し、ホットリンクを配置します。





すると、階高を保持したままホットリンクされました。




ArchiCAD20までは1フロアずつホットリンクすれば同様のことはできましたが、手間でした。
それが改善されて便利になりました。

Takayuki.H

2018年1月12日金曜日

ArchiCAD_壁の端部を斜めにカットする方法 その2

以前、壁の端部を斜めにカットした形状を作成したい時の方法を紹介しました。

過去のブログはこちら↓
https://sherpa-net.blogspot.jp/2017/02/archicad_20.html

今回は、カーテンウォールを使った別の方法を紹介します。

下図のように赤のハッチング部分をカットしたい場合、



①カットしたい角度を設定したカーテンウォールを作成します。


カーテンウォールと壁を選択した状態で、
メニューの「デザイン」→「カーテンウォール修正」→「カーテンウォールに壁を接合」を選択します。



③別ウィンドウが開くので、設定(デフォルトのままでOK)し、接続ボタンを押します。




④矢印が表示されるので、カットしたい方の壁端部を選択します。

⑤壁がカーテンウォールに接合された状態になります。
⑥最後にカーテンウォールのレイヤーを非表示にすると、壁の端部が斜めにカットされた状態になります。



お試しください。

Takayuki.H