ページ

2018年8月17日金曜日

Revit Navisで各ビュー閲覧

RevitからrvtファイルやnwcファイルをNavisで開いても、

3DビューなどRevitの状態ではNavisで確認できません。。。

しかし、「DWF」形式で書き出し、それをNavisで開くと、

各ビューがNavisで確認できますよ!

書き出すビューを選択して保存します。

Navisで開くと、「シートブラウザ」にRevitの各ビューが登録されています!

3Dビュー以外にも、平面ビューや立面ビュー、シートなどもNavisで確認できます!

FH

2018年8月16日木曜日

Revit 新規プロジェクトファイルの開き方

Revitでテンプレートファイルから新規プロジェクトファイルを開く時のことです。

まず、「新規作成」をクリックし、

「プロジェクトの新規作成」で「参照」をクリックしてから、


テンプレートファイルを指定しますが、下図の左赤枠部にテンプレートファイルが入っているフォルダを入れたくなりますよね。。。

そんな時は、テンプレートファイルが入っている箇所を指定してから、

左下の「ツール」>「現在のフォルダを場所に追加」をクリックします!

すると、、、このようにテンプレートファイルが入ったフォルダが追加されます!!

これで、テンプレートファイルを指定する手間が軽減されますね!!

会社のサーバーにテンプレートがファイルが入っている場合にも使えますね!!

FH

2018年8月10日金曜日

Solibri 部屋まわりの壁を確認!

今日もSolibriの紹介です!



ゾーン(ArchiCAD)部屋(Revit)Solibriでは「スペース」として確認できます!

その「スペース」「情報」を見てみると、

関連」「参照」にスラブやら壁やらありますね!
どうもスペースにくっついている要素たちのようです。



そこで、「情報の取り出し」で確認してみました!

なるほど、各スペースを囲んでいる「壁」だけの確認ができますね!

Solibriの活用が広がりますね!


FH

2018年8月9日木曜日

Solibri 階高の確認

階高の確認はSolibriでもできますよ!
 
下図は、元のモデルでの階設定です。



下図はIFCに変換し、Solibriで開き、情報の取り出し」で確認したところです!



ポイントは、「情報の取り出し」の設定で、

下図のように「コンポーネント」「フロア」とすることです!


モデルチェックでは必ず確認したいことの一つですね!!

FH

2018年8月8日水曜日

Revit フェーズでのクレーンなどの表現

Revitのフェーズ機能はとても操作が簡単で良いですね。

ただ、始め覚えでは、設定を理解するのに苦労しますが。。。


よく、クレーンなどは「構築されたフェーズ」「解体されたフェーズ」

別フェーズを設定することがあると思います。
「フェーズ2」、「フェーズ3」となっているので、「新築」、「解体」表現となる




例えば、下図のように「フェーズ作成」>「グラフィックスの上書き」

「新築」にマテリアルが割り当てられていると、



クレーンも「新築」状態の時に、新築」で設定されているマテリアルになってしまいます。
クレーンにも色が着いてしまう


クレーンは色は付けなくていいな、という時は下図のように設定しましょう。



さらに、ビューフィルタで、クレーンのフィルタを作成して、パターン」「隠線」としましょう。
(「隠線」は「パターン」のところをクリックし、「表示」のチェックを外します)

すると、クレーンはデフォルトの色となります。

フェーズの扱いやすさとフィルタの表現性を組み合わせると、

色々と応用が利きそうですね!


FH

2018年8月7日火曜日

Revit プロジェクトブラウザのビューを整理!

設計から受領したプロジェクトファイルで工事利用しようとすると、

ビューが沢山あって、使いにくい!!

と思ったことはありませんか?


多くのビューが存在していて、探しにくい。。。

そんな時は、使うビューだけ見えるようにしましょう!

1.「管理」>「プロジェクトパラメータ」で下図のように「ビュー」だけにチェックを入れてプロパティを追加します。


2.ビュープロパティにプロパティが追加されたことが確認できます。

3.追加作成したビューをまとめて選択し、追加したプロパティに名前を入れます。

4.「ブラウザ構成」で下図のように設定します。
  (「等しい」と「等しくない」しか選択できないのは良くないですね。。。)


すると、、、このように必要なビューのみが表示されます!!


全ビューを見たいときは、ブラウザ構成を切り替えて、ということになりますが、

普段の作業性はよくなるのではないでしょうか!


FH

2018年8月6日月曜日

Revit 3Dビュータイプの複製

ステップなどの3Dビューを複製して、ビューの名前を付けても、

プロジェクトブラウザ上で、見にくいことってありますよね。

「ブラウザ構成」で、ビューの「ファミリとタイプ」で並べられていることが多いと思います。



ですので、3Dビューの「タイプ」を複製して名前を付けることで、見やすく並びます!

・3Dビューを選択して、「タイプを編集」でタイプを複製します。
 
 ・Stepの3Dビューをプロジェクトブラウザですべて選択し、
3Dビューのタイプを作成したものに変更します。
 
このように、プロジェクトブラウザでビューが見やすくなりましたね!
 
 
FH
 

2018年8月3日金曜日

ARCHICAD 断面図ツールの変更点2

以前にもARCHICAD21から断面図ツールが変更になっていることを
ご紹介(こちらの記事)していますが、もう1点変更になっている箇所がありました。

それは水平範囲の有限奥行き設定です。




ARCHICAD20までは奥行きの設定範囲は100mm以上でしたが、
ARCHICAD21からは100mm以内(0より大きい値)でも設定が可能です。

この奥行き範囲を100mm以内で設定するケースはあまりないのかなぁ・・
と思うかもしれませんが、点群データの断面を切るときには有効です!

そもそも点群データでは切断面のみでは表示されず、
狭い範囲で切り出そうとしても100mmが限界だったんです。

実質0.1mm以上での切り出しが可能になったのでほぼ切断面のみと同じような
表現ができるようになっています。
意外に活用するケースがあるかも。ですね。



N.Y

2018年8月2日木曜日

ArchiCAD_21版_3D最大ウィンドウサイズの設定


「最大ウィンドウサイズの設定」について、

ARCHICAD 最大ウィンドウサイズで画像を一括出力

上記で紹介しましたね。

複数の画像を一括で出力

キレイな画像で出力

という便利な手法です。

しかし…

ArchiCAD   20では

 [表示]の[3D表示設定-3Dウィンドウ設定] だったのが 、


ArchiCAD 21では

3Dビュー画面で右クリック→[ウィンドウサイズの設定]


という変更があったことをお伝えします。

画面上の違いは下図の通り。



右クリックで設定画面を開ける

コンパクトになって使いやすい

と思いましたが、

「あれ?ウインドウサイズは[表示]から設定するんじゃなかったかな?」

って探してしまうことも…

そのため、「ArchiCAD 21では変更になってたな~」と、なんとなくでも覚えて頂けると幸いです。


ウインドウサイズについては以前のブログの

ArchiCAD 3Dビュー画像出力の解像度比較

でも、画質の違い容量(サイズを紹介していますので、合わせて参照してみてはいかがでしょうか?

そうすることで、適切でキレイな資料作成への一歩につながるはずです。


A.T


2018年8月1日水曜日

いつも質疑確認するスラブ段差


床の仕上げ色分図から、仕上げの範囲、材料、
高さ違い位置の確認!!!
スラブ段差位置を決めるときに
いつも確認しますよね!!

以前もこんな感じでご紹介しました。。。

シェルパブログ 

スラブ段差部分の小梁位置

http://sherpa-net.blogspot.com/2017/10/blog-post.html

ちょっぴり進化系で、下記の図面をもとに意匠図・構造図を
確認して、質疑確認すると良いかな・・・と思います。

床段差 断面図から
 ・床段差部分の補強構造体寸法確認
 ・壁位置と構造体の関係(クリア寸法)
段差部デッキ受け要領から
 ・S梁の嵩上げ補強方法
 ・補強高さに対する部材確認
 ・床躯体端部納まり
上記の『床段差納まり確認図』を使って、
いつも質疑確認するスラブ段差を、ちょっと早く決められたり
打合せが早くできたらいいですよね。。。

もっと進化系に、、、ですね!

T.N

2018年7月31日火曜日

ArchiCAD_画像保存オプションの一括品質設定


ビューを画像で保存する場合、AC20まで品質設定はビューごとに変更が必要でした。

施工ステップなど出力の枚数が何十枚となると、ちょっと手間ですよね。

でもAC21からは、選択したビューの品質設定を一括で変更できるようになっていましたよ!








何十枚も画像で出力しなければいけない場合に、手間が少し省けますね。

ぜひチェックしてみて下さい!



TM

2018年7月30日月曜日

J-BIM 範囲指定してモニタ表示

今回は、J-BIM一部分だけをモニタ表示する方法をご紹介します!

方法はとても簡単です!

まずは、一部分だけ表示したいフロアの躯体図を開きます。


あとは、「モニタ」ツール選択後に範囲を指定するだけです!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


指定した範囲内にある部材全て表示されます!

「パースモニタ」ウィンドウで「すべての図面」を選択していると、
全てのフロアで指定した範囲内にある部材全て表示されます!


部分的な納まりなど細かい箇所を確認するのに役立ちそうですね!
是非ご活用ください!


NF

2018年7月27日金曜日

ArchiCAD 簡易人物モデル

内装モデルに人物モデルを配置してあげると、

ぐっと空間の把握がしやすくなり、
家具のサイズ感や建具の配置高さらなど、
内装モデルだけではみえてこなかったことが
いろいろと見えてきますよね☆
 
人物モデルも簡易なものから
かなりリアルなものまであると思います。

しかし、簡易な内装モデルに対して、
かなりリアルな人物モデルを配置してしまうと、、、
 
 
なんだかリアルすぎて内装モデルに対して
ういてしまっているような。。。??

簡易なモデルには、その空間の
仕上がり具合に合った人物モデルの配置をした方が
いいですよね

そこで、2Dの輪郭モデルを配置したりもしますが、、


モデル空間内を歩き回るように、
様々な角度に視点を動かしていくと、、、
 

おっと、左側に立っている男性がペラペラに!!

そこで、簡易モデルだけれど
ペラペラにもならないように人物モデルを配置してみました!

 
簡単です!!
 
 
3Dの人物モデルを 材質 のところで
モデル全体を黒くしてみただけです!!
でも、ペラペラにならず
どの角度から見ても立体的なので、、、良くないでしょうか?
 

簡易モデルに、合った人物モデルを配置したい
という場面があったら、試してみてください~♪

YS

2018年7月26日木曜日

ArchiCAD _地下既設躯体の解体範囲シミュレーション

地下既設躯体の解体を先行して解体する範囲を決めていきたい場合があると思いますが、
その様な時に効果的な方法です。
以前のブログにUPしたコンクリート数量算出の応用です。
http://sherpa-net.blogspot.com/2017/07/blog-post_27.html
こちらも参考にして下さい!


POINT 2つ
1.既設躯体をオブジェクト化する(1つのオブジェクトとする)

2.ソリッド編集を2回行う(1回目は[交差部]、2回目は[減算] )



①既設モデルをオブジェクト化し、配置。
⇒既設モデルを選択し、[選択内容に名前を付けて保存]


説明を追加



②解体範囲となるスラブを配置




1回目は解体範囲のスラブと結合

既設躯体と同じ形状のスラブとなる




④2回目で解体範囲のスラブで更に減算
既設躯体がくり抜かれる



⑤あとは解体範囲のスラブのサイズを変える事でシミュレーション

形状を変更する事で解体範囲も変わる




スラブを非表示にしました。解体されています!





簡単に解体範囲のシミュレーションができました!
もちろん解体範囲の数量算出も一覧表でできます!

A.M