ページ

2012年9月4日火曜日

ArchiCAD 選択を平面に反映する

Archicadで作図が進んでくると3Dで部品を確認して
2D画面で修正する・・・こんな作業多いですよね?

VIPtoolには『選択を平面に反映する』コマンドがあるんです!

まずは3Dの画面で、編集したいオブジェクトを選びます




こんな感じの1つを選んで・・・

『編集』-『選択を平面に反映する』
クリック!

これで画面が2Dに自動で切り替わるんです








これがその画面です
たくさんある同じオブジェクトの中で
3Dで選んだ物がそのまま選択されています



選び間違いが無くていいですね
しかも1クリック
便利ですな~


ちなみに断面からでも
同じことができますヨ!





                                          M,D






0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿