ページ

2013年4月26日金曜日

Archicad 家具オブジェクトの扉を変えてみた!!



いろいろな家具のオブジェクトがありますが、だんだんモデリングしていくと実際のものに近づけたいなぁと
思いますよね。
そこで、家具の扉の形状を好きなのものに変えちゃいましょう!!

すごく簡単です。


 カップボードでやってみます。

 3Dで見るとこんな感じ。
                                         



立面図ツールで扉側の展開を作りましょう。


 次に計測ツールでも寸法ツールでもよいので、扉の大きさを測りますね。

扉の大きさがわかりました。
では、次に扉を作りましょう!!
スラブツールで作ります。
好きな材質や形状で作ってもらって、3Dで確認

こんな感じ。

で、この扉を【カスタム構成要素】ってもので保存します。7

Archicad 16からだと思うんですが、さらに簡単になりましたよね。
スラブで作った扉を選択しておいて、
「ファイル」→「ライブラリとオブジェクト」→「選択内容に名前を付けて保存」と進みます。

そうすると次にオブジェクト、ドア、窓、図面タイトルとあって【キャビネット扉】がありますので、
それを選択です。


次に好きな名前を付けて、保存です

これで、扉の完成!! 

じゃあ、さっそく扉の入れ替え作業です。



先に配置しておいたカップボードを選択して、開きます。
「パラメータ」のところに「キャビネットとドア」というところがありますから、開きましょう。


次に「ドアスタイル」を選択すると、一番下に「カスタムパネル」っていうのがあるので、選択。 


それを選択して、あとは、OK

これで終了~(^O^)
さっそく見てみましょう!!

おぉぉぉぉ、変わっとるばいっ(^_^)v
ほかの材質も扉に合わせて、










はい、完成っ。

非常に簡単です。
これができるのは、オブジェクトの中のパラメータを見てもらって、扉のところに「ドアスタイル」があるものになりますから、見てみてください。
また、よりリアルに近づけちゃいますね。
















0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿