ページ

2018年8月8日水曜日

Revit フェーズでのクレーンなどの表現

Revitのフェーズ機能はとても操作が簡単で良いですね。

ただ、始め覚えでは、設定を理解するのに苦労しますが。。。


よく、クレーンなどは「構築されたフェーズ」「解体されたフェーズ」

別フェーズを設定することがあると思います。
「フェーズ2」、「フェーズ3」となっているので、「新築」、「解体」表現となる




例えば、下図のように「フェーズ作成」>「グラフィックスの上書き」

「新築」にマテリアルが割り当てられていると、



クレーンも「新築」状態の時に、新築」で設定されているマテリアルになってしまいます。
クレーンにも色が着いてしまう


クレーンは色は付けなくていいな、という時は下図のように設定しましょう。



さらに、ビューフィルタで、クレーンのフィルタを作成して、パターン」「隠線」としましょう。
(「隠線」は「パターン」のところをクリックし、「表示」のチェックを外します)

すると、クレーンはデフォルトの色となります。

フェーズの扱いやすさとフィルタの表現性を組み合わせると、

色々と応用が利きそうですね!


FH

0 件のコメント:

コメントを投稿