ページ

2021年7月30日金曜日

躯体ピットの配水経計画時の注意点

 建物の基礎躯体で躯体ピットに耐圧版が

①建物全体にある場合

②水槽部分のみ部分的にある場合

③建物の構造から部分的にある場合

に分かれると思います。②③の場合は、配管ピット部分は捨コンや土間コンとなる場合が

多いと思われます。

配管ピットとなっている場合でも、ピット部分の排水は考慮する必要があります。

場所を決めて釜場を設け、そこに湧水や浸透した雨水を集めますが、③の場合、

ピットとなる耐圧版天端と捨コン・土間コン天端が異なる場合が多いので注意が必要です。

ピット種別だけで連通管を配置し釜場まで配水経路を計画してもレベル差が逆になって

しまうと当然流れません。

           (建物外周側に耐圧版が配置されている例)


ピット種別と床種別・床レベルを合わせて確認するようにしましょう。

T.F


2021年7月29日木曜日

スプリンクラー設備 放水銃の放物曲線と天井高さに注意

 体育館やアリーナなど天井が高い空間には消防法で

「放水型ヘッド等を用いるスプリンクラー設備」

の設置が義務付けられています。放水銃とよばれる設備が該当します。

放水銃は放水曲線を描きますが、ここで注意をしなければならないのは、観客席が

跳ね出している場合に放水曲線に掛かってしまわないように設置をしなければなりません。





包含範囲は平面的に円を描いているので放水銃の設置場所から各方向で上部の障害物の

確認が必要です。上部がギリギリでは1m程度は余裕を見た方が良いようです。

T.F

2021年7月28日水曜日

機器の搬入動線の注意点

建物には、竣工後に色々な機械や機器類が搬入されます。ここで事務所ビルや病院の

搬入動線で問題になったことを紹介したいと思います。

工場は生産機器や完成品の搬出入のために必要最低限の開口部が検討されています。

事務所ビルや病院は工場のように物資や機器の搬出入が頻繁にあるわけではないのですが、

設置時・機器の更新時には機器を出し入れする必要があります。どこからどのように入れ

るかは最初に計画されなければなりません。機器類は分割されて搬入されますが、分割す

るのにも限界があります。


また、医療機器で重量があるものはCTやMRIの機器で傾斜磁場

イルなどで5tを超えるものもあります。


これらを搬入するルートとして

1)1階もしくは地上階から台車に乗せて建物出入り口~廊下~EV~廊下を通って

 機械室or診察室に設置

2)バルコニーや屋上などの搬入ステージから取り込み~マシンハッチから階の移動~所定

 の機械室に設置

などが考えられます。

ここで確認しなければならないことは、1)の場合、

①予定されている機器の搬入時の大きさ・重量

②入口の自動ドア、廊下途中の自動ドアや扉の有効開口寸法

③廊下幅、コーナー部の機器の軌跡寸法

④廊下天井高さ、防煙垂れ壁やサインなどの下端高さ

⑤ルートとなる部分の床の耐荷重

2)の場合は上記に加えて

⑥ステージの扉を開けたときのステージ上の有効寸法

⑦ステージの耐荷重

⑧マシンハッチの有効開口寸法

⑨マシンハッチ上部の荷吊り用のビーム


何年間かに1度しか使わないかもしれないものですが、そのための対策も考えなければ

なりませんね。

T.F



2021年7月27日火曜日

Bluebeam PDFのレイヤーを削除

先日、 CADデータからPDFに出力したあとに、レイヤーごと削除したい

ってことがありました。


PDF↓




Bluebeamで簡単にできましたのでご紹介します。
(多分、acrobatでもできるのだと思うのですが、ちょっと見つけられませんでしたので、Bluebeamでやりました‥)




まず、BluebeamでPDFを開き、
削除したいレイヤー上で右クリックし「削除」を選択します。



すると、このような画面が出てきます。
削除したい項目にチェックを入れて、「削除」をクリック





消えました!
名前を付けて保存すればOKです。



CADデータを開いて、出力し直すって方法もあると思うのですが、

レイアウトし直す必要があったりと、手間だな‥

と思ってしまったので、今回はBluebeam上で消すことにし、さらに

Bluebeam上でマークアップをして別資料を作成しました!


レイヤー消したいときに、試してみてください。


y-ito

2021年7月26日月曜日

ArchiCAD_部材の伸縮方法(数値分を伸縮)

 部材を伸縮する際に、入力した数値分だけを伸縮する方法です。

例えば、下図のように梁の基準線端部をクリックすると長さが5400と出ています。


100㎜縮めようとしたときに、方法としては、

梁をアクティブな状態にして基準線端点をクリック⇒Shiftを押したまにする⇒

 距離の数値が5400から0に代わるので移動したい方にマウスを動かし、Tabキーを

 押して距離の数値に100と入力⇒梁の端部が100㎜移動


または

柱面から100㎜に基準線を引く⇒そこまで梁端部を移動

などのように動かしていました。

しかし、もっと簡単に移動する方法を教えてもらいました。それは、

③ ①同様に梁をアクティブな状態にして基準線端部をクリック⇒距離5400と出るので

 Tabキーで距離を選択⇒100-(100マイナス)と入力しEnter。

そうするとマウスの移動操作なしに梁が100㎜縮みます。


梁だけではなく、柱や壁でも同じで、伸ばす場合は「数値+」とすれば数値分伸びて

くれます。

ご存じなかった方はお試し下さい。

T.F



2021年7月21日水曜日

Revit カーテンウォールパネルが選択できない!?

 皆さんは分割のカーテンウォールを入力した時にパネルを選択したいのに

[tab]キーで循環選択をしてもパネルが選択されない。。

なんて事が起きたことありませんか?




このような状態はRevit画面右下のオレンジのピンマーク
[ピンされた要素を選択]がオフになっているため、選択ができなくなっているのです。

このツールがオフになっていると、ピン固定されているものを選択できないという機能です。
分割のカーテンウォールをは最初からパネルがピン固定されているので、このような現象が起きてしまいました。

よくピン固定する通り芯なんかも「選択できなくなってしまった。」
なんて事が起きたときは、ピンされた要素を選択を確認してみてください。

N.SS


2021年7月20日火曜日

Revit Rを有するカーテンウォールの作成手順

 今回はRevitでRを有するカーテンウォールの作成手順をご紹介します。

(円柱状も同様に作成できます。)


①[マス&外構]→[インプレイスマス]を選択します。

②名前を入力して、[OK]を選択します。

③[描画]より円を選択し、円を描きます。




④作業しやすいように3Dビューで作成した円を選択します。

⑤[フォームを作成]→[ソリッド作成]を選択します。


⑥円柱か球体にするか選択が常時されます。
 右側の円柱選択します。(平面図ビューだとこの選択図が見にくいです。)

⑦作成されたフォームの上面を選択すると、高さの編集ができます。




⑧[マスを終了]を選択します。


⑨[外構&マス]→[カーテンシステム]より、先ほど作成したフォームの側面を選択します。
 この面にカーテンウォールが作成されます。(円柱状に作成したい場合は反対面も)

⑩側面を選択したら[システム作成]を選択します。





このようにRを有するカーテンウォールを作成できました。

マリオンやグリッドの間隔はタイププロパティより変更ができます。


ぜひ試してみてください。


N.SS